湖東三山は、滋賀県の湖東地域に位置する西明寺、金剛輪寺、百済寺の三つの天台宗寺院の総称で、古くから紅葉の名所として知られています。平安時代、仁明天皇の勅願により三修上人が開山したと伝えられる西明寺は、鎌倉の様式がよく保存され、国宝第一号に指定されています。 奈良時代に聖武天皇の勅願により行基が開山したのが金剛輪寺。本堂大悲閣は鎌倉時代の和様建築の代表とされ、国宝に指定されています。近江の最古級寺院で、聖徳太子が百済国の「龍雲寺」を模して創建されたのが百済寺。 歴史を感じながら美しい紅葉を味わう究極の癒しスポットです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.