『ELECOM presents LIVE HOUSE WILL NOT DIE!!』いかがだったでしょうか?
先週に引き続き、心斎橋SUNHALL信枝さんとゆかりのあるアーティスト、F・チョッパー・KOGA
さん&ア ンジェリーナ1/3さん(from Gacharic Spin)が登場してくださいました。

毎週番組のタイトルコールを、そのときご出演いただいているアーティストの方にお願いしている
んですが、今夜のアンジーさんのデス声による番組タイトルコール、最高にCOOLでしたね。

先週はGacharic Spin目線で、心斎橋SUNHALL&信枝さんとの「思い出 TOP3」をお聞きしまし
たが、今週は逆バージョン!信枝さん目線で!

「自分のことのように喜んでもらえるのは、本当に嬉しい。」

信枝さんが「思い出 TOP3」のNo.1に選んだのは、Gacharic Spinが、幾多のピンチを乗り越え、
大阪城ホールで行われたイベントライブに出演されたとき…。「よくぞここまでキチンとやってこ
れたな。」「ピンチを何度も乗り越え、アリーナに立ってるんやっ!」と泣いちゃったエピソー
ドでした。またもや、親戚のおじさん目線?(笑) でも、メンバーとライブハウス、そして信枝さん
との関係性がよく分かるエピソードでした。

「大変な状況ではあるけど、やっぱり1歩踏み出さないと…進めないので。」

番組内でもGacharic SpinのYouTubeチャンネル「ガチャっとTV」のことに触れましたが、この
中で、久々の有観客で行われたライブの裏側を紹介されていたんです。それを見終えた後「こんな
にも大変だったのか!?」と分かっているようで、分かっていなかった自分を猛省しました。
これはオフトークでKOGAさん、アンジーさんに伺ったんですが、観客はガイドラインに沿って、
会場に満員入れることは出来ないのに、検温したり、アルコール消毒したり、QRコードの読み込
みをお願いしたり、整列入場を呼びかけたりと…ライブハウスのスタッさんは通常の倍近く必要
になると。第一回のONAIRで信枝さんが仰った「ライブハウスの現状としては、正直すごく厳し
い」という言葉の重みを今更ながら感じました。今更か?と言われそうですが。大先生、ごめん
なさい。今まで以上に、しっかりと感染予防の知識を入れ、ルールを守った上で楽しみます。

「本当に本当にライブっていう時間とか、ライブハウスっていう空間がすごく大好きで、本当に
ずっと大切にしていきたいし、これから先もずっとずっとライブハウスっていうステージに、ライ
ブハウスっていう空間に立っていきたいと思っているので、また必ずライブハウスで会いましょ
う!みんなそれまで元気に、ちゃんとケアをして、しっかりしっかり毎日楽しく幸せに生きてく
ださい!」

最後にアンジーさんが話されていた、この言葉。すごくピュアで、素敵だなぁ、と。アーティスト
がここまで「大好きで大切な場所だ!」って言えるライブハウス。このカルチャーは、ずっと、ずっ
と続いて欲しい。

来週の『ELECOM presents LIVE HOUSE WILL NOT DIE!!』も、お楽しみに!

画像: #5
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.