鹿児島県姶良市蒲生町にある蒲生八幡神社の境内にそびえる大楠は、樹齢 1500 年、根周り 33.5m、幹周り 24.22m、日本で一番大きな楠木です。 特にこの季節は空気が澄んでいて、根元から上を見上げると、 覆いかぶさってくるような枝葉の間から、澄んだ青空が優しい光を届けてくれて、 自然のパワーを独りじめしているような感覚になります。 楠木の周りは足場が整備されていて、小さい子供やの高齢の方でも、 安全に近くまで行って、楠木のパワーを感じることができますよ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.