R45 ALL THAT 補足 (文&写真 柳田光司)

「R45オールザットらじヲsupported by Joshin」を
担当しています「柳田光司」です。

「柳田?!? 誰やねん?」というクレームを少しでも解消するため
「長~い 長~い自己紹介」をさせていただくことになりました。

ただ今、シーズン②「湊町(みなとまち)サウンドクリニック」が開業中。
一言でいえば…R45流の≪お悩み相談≫企画。

大阪市街で「悩み、怒りインタビュー取材」を敢行中。

また、皆さまからの投稿メールも随時募集中です。
「オトナの女性」と「年齢だけムダに重ねている男」が、
≪しぶとく、カッコよく生き抜くためのヒント≫を勝手に処方中!

第161回「姉と母の仲が悪い」(2020年11月27日OA)

90年代、00年代。忙しすぎました。

いまだに「記憶の整理棚」が、ごちゃごちゃしたままです。

ここに来て、過去にあったことを、時系列で並びかえ整理し
もういちど まったくのゼロからやり直さないとなぁ…と考えています。

だからだと思うんですが…
今になって、「安室奈美恵」さんが奏でた楽曲をチェックしています。

…遅すぎますよね。
でも、本当だから仕方ありません。

カラオケで❶音も歌うことすらできませんが… 
すばらしいですね。小室哲哉の才能。

お気に入りは♪「SWEET 19 BLUES」Ⓒ1996
8週間で、300万枚も売り上げたんですってね…。

まったく、知りませんでした。
まもなく20代になろうとする
「歌姫」が放った ♪『SWEET 19 BLUES』

SWEETSWEET 19 BLUES
だけど 私も ほんとは すごくないから
SWEETSWEET 19 DREAMS
誰も見たことのない顔 誰かに 見せるかもしれない

平成の歌姫が抱える「苦悩」

「19歳」という年齢の微妙さ。
誰からも分かってもらえない寂しさや孤独さ。

10代最後の年齢を懐かしみつつ、
大人になってしまうことの不安を歌っていたんですね…

世間からは「カリスマ」として扱われていたけれど…
どこか冷ややかに 自分自身を見ていたスターの孤独にときめきます。

…で、こんな「私」が
≪姉と母の仲が悪い≫で処方した曲は
「川本真琴」の 『1/2』です。

なぜ?私がこの曲を推薦したのか?気になる方は、
ラジコのタイムフリー(1週間無料サービス)でも番組を聞いてください。

次回の『R45 ALL THAT “らじヲ”supported by Joshin』は、
2020年12月4日(金曜日)夜9時からお送りいたします。

来週も お付き合いのほど よろしくお願いいたします。

谷口「わー、わー、言うてます!」
柳田「お時間です!」
2人「さようなら!」     …(つづく)

画像: 次回の『R45 ALL THAT “らじヲ”supported by Joshin』は、 2020年12月4日(金曜日)夜9時からお送りいたします。
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.