このコーナーのテーマは「色」です。
毎月お題として紹介する3色の中から、1色お好きな色を選んでいただき、
その「色」について400字(原稿用紙1枚)程度で、文章を募集します。
「ことば結びパレット」第5回のお題は…!!!
「紫」「黄緑」「茶」の3色でした!! 沢山の投稿ありがとうございました!!

画像: 「ことば結びパレット」第6回

「紫色」・・・尼崎市 うさこ さんの作品

紫式部さんへ
『週刊光源氏』という本をご存じでしょうか。まるで女性週刊誌のような軽い名前に度肝を抜かれた、二十云年前の大学生のわたし。でも、光源氏の生涯の女性関係がとてもわかりやすく1冊にまとめられていた。1冊で読める分、『あさきゆめみし』よりもお手軽だ。表紙を見てまず抱いた感情は「果たして紫式部はこの本をどう思うのか」。きわめて大衆的でゴシップな扱い。「天上人の恋愛はもっと崇高なのよ!」はたまた、「人間なんていつの時代も煩悩の固まりでしょう?」。案外、「私の物語を扱うなんて、なかなかやるじゃない」と懐の深い人のような気もする。『源氏物語』よりも、紫式部がどんな人だったのかが気になっていたのかもしれない。
『週刊光源氏』の在庫をある本屋で尋ねると、すぐに持ってきてくれた。「書店員ってすごいな」、その憧れで、自分も書店員になった。目標は、「検索しなくても、お客さんの探している本を見つけられる」書店員。はじめは『夜と霧』もパソコンを叩いていたポンコツでしたが、少しは成長できたのかな。就職先まで指南してくれてありがとう。ねえ、紫式部さん。

「黄緑色」・・・大阪市東成区 ピカピカホッチキスさんの作品

 パッと目に入ってくる黄緑色の表紙。今年もこの季節がやってきた。ドラフトだ。
 父が定期購読している週刊ベースボール。ドラフト特集号は毎年この色をバックに注目選手たちが表紙になる。
 Max155キロの左腕、50メートル走5秒台の野手、強肩捕手…。たくさんの魅力的な選手がS、A、B、Cとランク分け評価されて掲載されている。こうやって指名候補選手に挙がってくるまで、どれだけの努力をしてきたのだろう。あぁ、どの選手も、すごいな。素晴らしい。
 今年は10月26日だった。甲子園がなかったから、注目度は低かったけれど。テレビや新聞で指名された選手の笑顔を見ると、その度に祝福の気持ちでいっぱいになった。
 黄緑は若い人によく似合う。野球経験者なら誰もが一度は夢見るプロの世界へ飛び込む人たちを肯定する色だ。早春に芽吹いた若草が上へ上へと伸びていくように、プロの世界でも真っすぐに生き抜いてほしい。

「茶色」・・・兵庫県加東市 すーちゃんさんの作品

「茶色、といってあなたの思い浮かべた人は誰ですか?」
ラジオの問いかけに もう数十年前に他界した父の姿が浮かんだ。
あれは小学生の頃、二人で訪れた城崎だ。
すらりとした父は白いシャツにこげ茶色のズボンで釣堀の側で私に微笑みかけている。
ボーリングが上手で よく映画にも連れて行ってくれた自慢の優しい父だった。
どうやらそれは「心理占い」のようだ。その答えは・・・
「あなたが苦手だと思っている人」
え?
私本当は父が苦手だったの?はるか昔の私に話しかけてみる。
 中学に上がる頃 母が他界して寂しくてよくお風呂で泣いたね。
 学校も休みがちだったね。
そんな私に毎朝お弁当を作ってくれた父。
お砂糖の入った甘くて少し焦げた玉子焼き。
今思えばそれは精一杯の私へのエールだったんだね。
いくら考えても父を嫌う理由はひとつも見つからない。
その証拠に私の旦那さんは お父さんにどこか似ている。
大切に育ててくれてありがとう。
私は今しあわせだよ。

「ことば結びパレット」第6回のお題は…!!!

「銀色」、「黄色」、「深緑色」の3色。
1色につき400字程度でお願いします。
色そのものについて書いてもOKですし、
イメージとして結びついた先の色として書いていただいてもOK!!
皆さんの描く「色」をぜひ文章で表現してください!!
第6回〆切は、12月25日(金)とさせていただきます。
作品を投稿いただいた皆様、本当にありがとうございました!!
次回も皆さんのご参加お待ちしております!!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.