呉市から安芸灘大橋を渡り、とびしま海道の最初の島が下蒲刈島です。 島の東部、蒲刈大橋を渡る手前には石畳散策路があり、 下蒲刈の文化と歴史に触れることができます。 江戸時代の本陣の外観を復元した「三之瀬御本陣芸術文化館」は、 画家・須田国太郎を中心に 1920 年代からの日本美術作品が展示され、 その隣には、瀬戸内海にゆかりのある作家作品と、 関連資料を見る事が出来る「蘭島閣美術館」があります。 その他、当時の茶室や庭園など見所が満載です。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.