『ELECOM presents LIVE HOUSE WILL NOT DIE!!』いかがだったでしょうか?
今夜は心斎橋VARONの店長永野さんとゆかりあるアーティスト、Vo.右さん(From Xmas Eileen)
が登場してくださいました。

Xmas Eileenといえば、全員が”NO NAME”=名前がなく、(仮面で覆われていて)素顔も公表され
ていないミステリアスなバンド!というイメージなので、今夜のゲストであるVo.右さんも、お会
いするまでドキドキしていましたが…お会いすると、これまた別の意味でドキドキする、素敵な
方でした。オープニングから、バンド名を甘噛みする私を、優しくフォローしてくださった、右さ
ん。そして、その甘噛みを心斎橋VARONの永野店長のせいにするも、永野さんまでもが優しく
フォロー。2人とも、なんてジェントルマン!?(番組を聞かれた方は「え?そうだったっけ?」
とお思いかもしれませんが、私の脳内では、このように変換されております。まだお聞きでない
方はradikoのタイムフリーでご確認くださいww)

心斎橋VARONとXmas Eileenの出会いから、これまでの関係性をお伺いしたところ、Xmas
Eileenが初めてワンマンを行なった箱が、心斎橋VARONだったそう。
初ワンマンを行なったのは、2014年のクリスマス!なんですが、Xmas Eileenは、同年の4月に
ライブデビューしたばかり。そう、まだライブ活動を開始して8ヶ月と少し。音源のリリースも
何もない状況でワンマンを決め、結構したんです。これって、かなり勇気がいることなのでは?と
思うんです、個人的に。通常、音源やアルバムがリリースされて、それを聞いたみんながライブに
行く。観客はある程度の予備知識というか、「あの曲をライブで聞きたい!」とか、「あの曲は
ライブでやってくれるかな?」などを期待しながらライブハウスに足を運ぶ…。なので音源を世に
発表していないXmas Eileenは、かなりの苦戦を強いられるのでは?とネガティブな想像をして
しまうなか、チケットはsold outし、結果として初ワンマンは大成功。音源のリリースはなくて
も、これまでに彼らのライブを見た観客。そして、そこから広まったであろう彼らのライブパ
フォーマンスの噂を聞きつけた早耳リスナーさんたちがライブハウスに駆けつけた。
思わず、「何そのエピソード!めちゃカッコいい!」と心の声がダダ漏れしてしまいましたよ、私。
永野店長も同じく「そんなバンド、まぁ~いないんで。いない、いない!」と、心の声ダダ漏れさ
れてました(笑)。そんななか、右さんが「(初ワンマンを振り返りながら)ROCKなことが、この箱
(=VARON)と出来たんだな~って思ったのをめっちゃ覚えてますね」と、COOLに話されていま
した。やだ、もう、めっちゃカッコいいーー!!!

また、Xmas Eileenは、配信ライブという体はとらず、“公開リハーサル”という名前で、メンバー
と喋りながら、いきなり今まで全然やっていなかった曲を演ってみたりと、すごくラフな公開リ
ハ(配信)をされているそうです。これってある意味レア!リラックスした雰囲気の中、メンバー同
士で話してる姿ってなかなか目にすることができないですよね?ライブハウスでのパフォーマンス
とは違うメンバーの魅力が見れる!恐らく?番組内で無茶振りした、右さんのモノマネも見るこ
ともできる?と思うので、ぜひ、こちらの公開リハもチェックしてくださいね!Xmas Eileen Vo.
右さん、今夜は本当にありがとうございました。(無茶振りして、すみませんでしたm(_ _)m)

さて、さて、来週はスペシャルバージョン。ゲストにこやまたくやさん(From ヤバイTシャツ屋さ
ん)をお迎えしてお届けします。お楽しみに!

画像: #23
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.