『ELECOM presents LIVE HOUSE WILL NOT DIE!!』いかがだったでしょうか?
今夜は、サイダーガールからVo.&G.:Yurinさんが登場してくださいました。

番組のオープニング•ナンバーでお届けした「ライラック」を、4月21日にデジタルシングルとし
てリリースした、サイダーガール。顔出しをしていないサイダーガールは、バンドのイメージキャ
ラクターに“サイダーガール”として、毎年女の子と起用されていましたが、新たなアーティスト写
真には、メンバーだけ。そして今作のジャケットやMVも…これまでのサイダーガールとは、何か
違う!!!
Yurinさん曰く「コロナの影響もあり、去年のサイダーガールの子とそんなに一緒に活動ができな
かった。長引くコロナ禍の中で、“今年からサイダーガールの見せ方を変えていこう!”っていうの
を、メンバー&スタッフみんなで話し合って、その一発目が「ライラック」だった。サイダーガー
ルは、女の子の…ずっとイメージがあったと思うんですけど。それをバンドとして、どうやって見
せていくかみたいなのを考えたときに、そのイラストだったりとか、デザインだったり、ビジュア
ルを、もう一新しちゃおう!っていうので、ああなりましたね。」「大丈夫かな?ってのは、最
初ありましたけど。みんなが戸惑うんじゃなかろうか?みたいな。でもやって良かったな!って
思いましたね。なんか、自分たちだけでやっていけそうな兆しが見えたというか…。」
このお話をお聞きし、何年かのちに振り返って「ライラック」は、サイダーガールにとって、ター
ニングポイントになる楽曲なのでは?と感じました。その他にもタイトル秘話や歌詞のお話…。
そこから発展して、Yurinさんの学生時代の頃まで語ってくださいました。Yurinさんのキャラク
ターの一旦が垣間見えたような気がしますwww。聞き逃した方は、ぜひタイムフリーでチェック
してくださいね。
そして、いよいよ来週に迫った(7月8日(木))梅田CLUB QUATTROでのライブのことも、チラリ
お話いただけました。(ネタバレにならない範囲でww)
「久しぶりのワンマンライブ。これまでとはセットリストの印象を変えていきたい。」「まだ声は
出せないと思うので、なので何かしら身振り手振りだけでも楽しめるっていう、ちょっと一工夫
はしたいなって思っています。」
もう、これを聞いただけでワクワクが止まりません!ライブに行かれる方は、感染対策のルール
を守りつつ、楽しんできてくださいね。ライブリポのメールお持ちしております!

番組の最後に、改めてライブの良さ、ライブハウスの魅力をお伺いしたところ「やっぱり距離間
かな。」「ライブハウスは、お客さん一人一人と目を合わせて、意思疎通じゃないですけど。そう
いう無言のコミュニケーションだったりもしやすいなってすっごく思う。僕、個人的にはライブハ
ウスがすごく好きなんで。」「またどんどん、ライブハウスでライブできるようなっていって欲し
いなって。」「満パンのグチャグッチャのライブハウスが…恋しいな…って思いますね。」
そう!今は感染対策のルールに沿って、ライブハウスの魅力の一つでもある“満パンのグチャグ
チャ”ができない状態。このYurinさんの“恋しい”って気持ちは、アーティスト&お客さん。ライブ
ハウスに関わる全ての人が思っているのではないでしょうか? LIVE HOUSE WILL NOT DIE!!

来週は、FM大阪“初”の試み「ライブハウス擬似体験」をラジオとTwitterを連動させてお届けしま
す。「どういうこと?と思ったあなた!」どうぞ、番組twitterアカウント@lhwnd851をフォ
ローしてください。全ては、そこからです!www お楽しみに!!

画像: #40
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.