きょう魔法のシャンプーをしてくれたのは、ポルトガル語で”新しい感性“を意味する音楽「ボサノバ」です。 1950 年代後半にブラジル・リオデジャネイロの美しいリゾート地コパカバーナの若者達が生みだしたボサノバ。今日は、当時のレコーディングのなかから選りすぐりの名曲をお届けしました。

画像: 8月8日(日)「ボサノバ」をピックアップ♪

ON AIR LIST

1.Chega De Saudade / João Gilberto
ボサノバのレコード第一号と言われている、1958 年の名曲、ジョアン・ジルベルトの『シェガ・ジ・サウダージ 想いあふれて』。 ボサノバは、基本的なところでサンバの複雑なリズムを簡素化させたものをベースにしているので、日本人にも親しみやすいのだと思います。 そしてジャズとクラシックの影響を受けていることも特徴です。

2.Wave / Antonio Carlos Jobim
『シェガ・ジ・サウダージ』を作曲したのが、 アントニオ・カルロス・ジョビンです。 コパカバーナの隣のエリア、イパネマで育った作曲家は、 クラシックを学び、ピアノを弾き、美しい曲を書くことで知られています。 そんな彼の名曲のひとつで『ウェイブ』をお届けしました。

3. Nada Como Ter Amor / Carlos Lyra
洗練された都会的な音楽、ボサノバ誕生の中心にいたのがジョアン・ジルベルトとアントニオ・カルロス・ジョビンです。彼らには優れた音楽仲間が大勢いたこともあり、 共にボサノバの人気をブラジルに広めていきます。その仲間の1人である、カルロス・リラの1959年デビュー作『Bossa Nova』に収録された「愛にかなうものはない」をお送りしました。

4.Rio / Roberto Menescal
ボサノバのパイオニアの1人として数えられるホベルト・メネスカル。3曲目にお届けしたカルロス・リラとは元々友人で、ミュージシャンとして活躍する前に一緒にギター教室を開いていたそうです。

5.Garota de Ipanema / Nara Leao
ボサノバを代表するミューズの1人である、ナラ・レオンが、85年に来日した際に、日本で録音された『イパネマの娘』。

6.あともう少し / chay

画像1: ON AIR LIST

番組ではメッセージを募集しています。8月のメッセージテーマは「スポーツの思い出のシーン」です。東京オリンピックでこのシーンに感動しました!、学生時代、部活で全国大会に出場しました!など、あなたの「スポーツの思い出」をぜひ教えてください!

メッセージを送ってくれた方の中から、chayも愛用している「oggi ottoセラム(シャンプー)&セラムマスク(トリートメント)トライアルセット」を抽選でプレゼントします!さらに今月は、新商品のクールアイテム「アイスミント エッセンス」もセットにしてプレゼント!シャンプーやボディソープにプラスするだけで、氷で冷やしたような清涼感とミントの香りが広がり、爽やかにリフレッシュできる、暑い季節にぴったりのアイテムです。

画像2: ON AIR LIST

oggiotto公式インスタ(@oggiotto)では、ライフスタイルに関する情報も多数更新中!チェックしてみてくださいね!

Beauty Information

番組では毎週、月替わりで人気サロンの美容師さんにヘアケアトレンドについて教えてもらう「Beauty Information」をオンエアしています!今月は、大阪にある人気のヘアサロン「CARTA(カータ)」チーフスタイリストの相良(さがら)さんに担当していただいています。 今回は、ヘアケアのワンポイントアドバイスについて教えていただきました。ご家庭でもできる頭皮ケア、ぜひお試しください。

【店舗名】 ヘアサロン「CARTA」
【住所】 大阪市福島区福島6−16−9エミネンス梅田西1F

番組では公式インスタグラムや公式Twitterもスタート!良かったらフォローお願いします。
♪ instagram ♪
@music_shampoo
♪ Twitter ♪
@Music_Shampoo

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.