8月最後になった朝からあげChao!今回のオープニングはまさかのヒロボーの謝罪案件再び…。
タカボーの知り合いの元松竹社員の方から
「M-1やキングオブコントを目指しているのに、目上の人であるさんまさんや他の師匠を呼び捨てしたり、おもんないというのはどうなのか!?」
とガチのクレームが届いたとのこと…。ヒロボーさんこれには動揺が隠せない様子でした…。
これを機に注意していきましょう…。

今週の木下会議!テーマは『美吉野醸造』!

今週は先週の『家飲み』に引き続きお酒の話題!
ゲストにエコねーが毎年お酒造りに参加させていただいているという美吉野醸造から杜氏の橋本さんをお迎えしてお話をお聞きしました!

画像: 収録中の一枚。美吉野醸造の法被で登場いただきました!

収録中の一枚。美吉野醸造の法被で登場いただきました!

「そもそも酒を造るとは?」「杜氏(お酒を造る人)ってなに?」「買って飲むしかしたことない!」
「お酒の中にはみりんが入っているんですか?」
などお酒について全く知らないタカボー、ヒロボー
エコねーはこの温度差に半分呆れていましたが…
まずは自己紹介も兼ねて橋本さんに美吉野醸造についてのお話を聞くことに!美吉野醸造さんは奈良の吉野にある酒造。
吉野川のほとりで100年以上お酒を造り続けているそうで代表的な銘柄に「花巴」というお酒があるそうです。このお酒に3.4年前エコねーがベタ惚れ(酸味があってワインみたいな飲み口、とにかくいままで飲んだことある日本酒と違っていた!とのことでいした!)してお付き合いが始まったんだとか!

画像: 今週の木下会議!テーマは『美吉野醸造』!

そもそも日本酒のことをほとんど知らないタカボー
「日本酒は原材料がお米と水だけなんです。」
ということを聞いて「マジで!」と本気で驚いた様子。
酵母菌の力で米と水からアルコールを作るというのが大まかな日本酒の作り方なんだそうですが
「じゃあ(他の)日本酒同士どういった理由で違いが出るの?」
という疑問が!

橋本さん曰く
「捉え方によっては(差別化は)簡単なんですよ!日本って地域によって温度とか、気候とか、作る人も違う。そこに寄り添うことで違いが出てくるんですよ!」
「(美吉野醸造は)地域に寄り添った形のお酒造りで差別化を図ってきました!」
地域や気候によって味に違いが出るそうで、
それぞれの地域に寄り添うためお酒造り(秋田ならばたくさんのお米があるので綺麗にお米を磨いて作る水のようなお酒)で味の違いを見出しているんだそうです!

エコねーの語る美吉野醸造さんの魅力も止まりません!
蔵付き酵母の話やエコねーが実際に醸した(かもした)というお酒『巴』、『四条畷のお酒』についても語りまくり!マシンガントーク!エコねーの情熱・愛情が感じられました!

画像: 今回作っていただいたオリジナルラベルの甘酒!

今回作っていただいたオリジナルラベルの甘酒!

そしてなんと、今回は特別に美吉野醸造さんに商品の甘酒を持ってきてもらいました!
しかもラベルは『朝からあげChao!』仕様!
この甘酒!味もむちゃくちゃおいしく、料理にも合うそう!(このお酒で作るすき焼きが最高とのことで、この話を聞いたタカボーは間違えて甘口のお酒ですき焼きを作ってしまったとのこと…)
実際に試飲したところ兄弟たち大歓喜!
砂糖がはいっていないのにものすごく甘い!リスナープレゼントとしても頂いたのでみなさんぜひお試しください!

今回はとても勉強になった木下会議でした!
ゲストに登場いただいた美吉野醸造の詳しい情報はホームページをチェックしてください!
https://www.hanatomoe.com/

リクエスト・メッセージ大募集中!

『TKO木下兄弟の朝からあげChao!』ではリスナーの皆さんのリクエスト・メッセージを大募集中!

・この番組どこで聴いてますか?
(朝の通勤中に聞いてます!など放送を聴いている場所を教えてください!!!)
・エンディングコント
(番組の最後に放送しているコントのネタを募集しています!)
・占いコーナー「佳の部屋」
(0学のケイレイカ先生があなたの運勢を占います!お悩みと生年月日を書いてお送りください!)
・あなたの体験した怖い話
(タカボーが経験したという心霊体験、それに並ぶような怖い出来事をお送りください)

もちろん兄弟への質問、番組への感想も募集しています!
すべてのご応募はコチラから
https://fmosaka.futureartist.net/enquete/333080

お送りいただいたリクエスト・メッセージはどんどん番組で紹介&反映していきます!

画像: タカボーとの記念写真!

タカボーとの記念写真!

来週もエコねー、ヒロボー、タカボーの三人で
憂鬱な月曜の朝にアゲアゲなトークをお届けします!
それではChao!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.