「エステ・ステーション"テイ子のbeauty talk"」

毎月第4金曜日、「アンチエイジング」をテーマに、
若宮テイ子が感じたこと、実際に体験したことをお話しします。

年齢を重ねるほどに美しく、
健やかな生活を送るヒントにしていただければと思います…☆

毎回エステ・ステーションのスタッフ吉田さんが教えてくれた美容や健康アドバイスを、
若宮テイ子が代わってお伝えしておりますが、今日は、「秋バテ・冬バテ」について!です。

“夏バテ”は聞いたことあるけど、
“秋バテ”や“冬バテ”は聞いたことはあまり無いですよね?

つい2週間前くらいは、まだ30度を超える日がありましたが、
ここのところ朝晩は20度を下回る日もあります。

“秋バテ”は、この気温の変化にカラダがついていけず調子を崩してしまうことです。
そして、カラダの調子が整っていないまま冬を迎えてしまい、
今度は外気温と暖房の効いた室内との温度差でまた調子が乱れて“冬バテ”になります。

私たちのカラダには、季節に合わせて体温を調節する機能があります。
暑い時は、汗が体の熱を奪って蒸発することで体温を下げたり、血管を拡張させて熱を逃がします。
反対に、寒い時は血管を収縮させたり毛穴を閉じたりしてカラダの熱を逃がさないようにします。
このような素晴らしい機能をコントロールしているのが自律神経です。

“夏バテ”になる人は、体力のない人や胃腸の弱い人が多いそうですが、
自律神経が関係する“秋バテ・冬バテ”は、普段元気な人でもなってしまう可能性があるそうです。
お聴きのリスナーさんの中にも、ご家族や周りの方にも、
「なんかしんどい~」という人、おられるのではないですか?

●気温に合わせた服装をしていますか?
日中の服装ももちろんそうですが、おうちにいるときや寝るときも、ちゃんと衣替えをしていますか?
特に朝方は冷えるので、パジャマやおふとんにも気を遣ってくださいね。

●湯船につかる
“秋バテ・冬バテ”解消にはもちろん、若さと健康を保つためにとっても大事なことです。
つねにカラダを芯から温めることです!
40度前後くらいのお湯に胸から下くらい、20分以上はつかってしっかり温まってください。
温まりやすい入浴剤を入れるのもいいですね。

●胃腸を温める
胃腸の冷えはカラダを疲れさせる原因になります。
温かいミルク、ココア、スープ、お味噌汁などなど、意識して温かいものをお腹に入れましょう。
“夏バテ”の延長で“秋バテ”を感じている人は、胃腸が弱っていることが多いですよ。

●よく眠る
睡眠中にカラダの機能がどんどん整えられます。「良い眠り」は最高の健康法であり美容法です。
・テレビや電気を消して寝る ・室温を温かくし過ぎない ・夕食にバナナを食べる …など
眠り始めの3時間にぐっすり眠れるように工夫してみてください。
(「良い眠りの秘訣」は前回の放送内容を、番組ブログでご覧ください)

●朝はカラダと頭のスイッチをしっかりオンにする
温めたり眠ったりで、カラダや頭をリラックスさせることも大事ですが、
反対にしっかり目覚めさせることも大事です。
朝起きたら太陽の光を浴びる、軽い運動をする…などで、活動と休息のメリハリをつける。
自律神経の調子を整えるために大事なことです。

いかがでしたか?
ぜひ実行してみてくださいね☆☆☆

エステ・ステーションにおいでになるお客様にも、
自律神経の乱れから起こる不調にお悩みの方がたくさんいらっしゃいます。
「カラダを芯から温め、汗をしっかり出して自律神経を整える」ためのアドバイスや
エステメニューもたくさんあります。ぜひ何でもお気軽にご相談くださいね。

☆今回のプレゼント☆

まだまだ残っている夏の疲れや秋に太らないカラダを作る
「リジュベネーション“ボディケア”(¥50,610)」に1名様をご招待します。
エステ・ステーションが最も自信を持っている技術のひとつ。2人のエステティシャンが
丁寧に手の技術だけでお手入れいたします。
(当選されたあなた!おめでとうございます〜♪)

外れた方にも半額優待券をプレゼントします♪
梅田・心斎橋・難波・芦屋・神戸元町・京都四条烏丸にある、
お好きなエステ・ステーションへの招待券ですので、
お近のエステステーションでご利用ください。

次回もエステ・ステーションのマネージャーさん達から、「ひと言アドバイス」をもらい、ご紹介したいと思います。
リクエストフォームからプレゼント希望やリクエストと併せて、おカラダのこと、お肌のこと、食事のことなど、ご質問でもメッセージでも結構ですので、どしどしお寄せくださいね。

「エステ・ステーション」☆HPはこちらです↓
http://www.esthe-station.co.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.