画像: 左から、LOVE大石(ラックライフ)、PON(ラックライフ)、山内(Shout it Out)、細川(Shout it Out)

左から、LOVE大石(ラックライフ)、PON(ラックライフ)、山内(Shout it Out)、細川(Shout it Out)

アーティストが隔週でDJを担当する人気番組『FM OSAKA E∞Tracks Selection』(火曜19:00~19:30)による初のライブイベント『FM OSAKA E∞Tracks LIVE』が、11月24日(木)心斎橋BRONZEにていよいよ開催される。そこで、記念すべき第1回にして見事にソールドアウトした同イベントに向け、現在DJを担当しているラックライフ、Shout it Outの2組の緊急対談が実現! バンドマンとして先輩後輩にあたる2組が、お互いの印象や番組での裏話、時にはお悩み相談まで…(笑)、ラックライフPON(vo&g)&LOVE大石(ds)×Shout it Out山内彰馬(vo&g)&細川千弘(ds)がざっくばらんに語ってくれた、ここだけのスペシャルインタビューを前後編のフルボリュームでお届けします!


「ラックライフのライブって、僕がやりたいことというか目指したいものと、結構共通するものがあるんで。だから…盗みまくれるんですよ!(笑)」

画像1: 『FM OSAKA E∞Tracks LIVE』初開催に向け、ラックライフ×Shout it Outのスペシャル対談が実現!<前編>

――関西在住の2組ということで、もちろんお互いの存在は知っていたと思いますが。

山内「僕は高校生のときに『大阪の北側から。』っていうイベントを観に行ったことがあって、その後にSHE’Sのワンマンの打ち上げで、大石さんに挨拶だけさせてもらって、今年の5月にIvy to Fraudulent Gameのツアーでやっと対バンできたんですけど、ラックライフのライブって、僕がやりたいこととか目指したいものと、結構共通するものがあるんで。だから…盗みまくれるんですよ!(笑)」

PONLOVE大石「アハハハハ!(笑)」

山内「だから、こうやってまた一緒にやらせていただけるのはすごくありがたい。僕の中でラックライフの存在って、“先輩の先輩”みたいな感じなんですよ」

――シーン的には二世代上だと。ラックライフもまだ全然若いのに(笑)。

細川「ラックライフと対バンする前に結構YouTubeでも観たりしていて。曲もめっちゃいいし、演奏もカッコよくて、非の打ち所がないなと。僕はやっぱりドラムを聴いちゃうんですけど、普通のビートの中にもちゃんといろんなプローチがあって」

LOVE大石「ありがとぉ~ぃ!」

(一同笑)

細川「引き出しもすごいし、めちゃ勉強させてもらってます。こうやって対談もできて、嬉しいというか不思議な感じというか」

――逆にラックライフから見たShout it Outは? また新しい世代のバンドが出てきたわけじゃないですか。

PON「正直、“はい、また来た来た”みたいな(笑)。次から次へと若い世代が出てくる中で、群を抜いて人気があるイメージはあったけど、正直そんなに意識もしてなかった。そのうち消えるやろと思って(笑)」

(一同爆笑)

画像2: 『FM OSAKA E∞Tracks LIVE』初開催に向け、ラックライフ×Shout it Outのスペシャル対談が実現!<前編>

――パイセンこわっ!(笑)

PON「ヘヘヘヘ(笑)。でも、ライブの出番前やったから2~3曲ぐらいしか観れなかったんですけど、何て言うか…まっすぐな割にすごく尖ってる感じがして。“この子ら、すごいのかもしれない”って。これからどうなっていくんやろって」

LOVE大石「若いバンドがよく出るオーディションがあるじゃないですか。僕らも以前そういうのに応募して、すぐ落ちたんですよ」

PON「全然乗り気じゃなかったのに普通に落ちて、“もうやってられるか!”みたいな(笑)」

LOVE大石「オーディションをあんまり信じてないタイプなんですよ。目標がないまま終わってしまうバンドも多く見てきたんで。でも、最近はグランプリを獲ってもちゃんと続いてるバンドが多いし、1回Shout it Outの記事を何かで読んだんですよ。“悔しい想いをして負けて、来年こそは頑張ろうと誓って獲れた”みたいな」

――ちゃんとチェックしてるね~。

LOVE大石「しかもShout it Outはヤナギ(=柳沢亮太(g)・SUPER BEAVER)がプロデュースしてると。あいつはいっぱい経験を積んでる同い年のバンドやし、そういう自分がいいなと思うバンドとタッグを組んでるなら、いい方向に行く気しかないっていう」

画像3: 『FM OSAKA E∞Tracks LIVE』初開催に向け、ラックライフ×Shout it Outのスペシャル対談が実現!<前編>

PON「だからライブを観て、ちゃんとやりたいことがあって、それを頑張って実現させようとしてるんやなぁって、めっちゃ思いましたね」


「何なんでしょうね? アホなんでしょうね、多分(笑)」

――先輩方からいろいろとありがたい意見が出てきましたが、Shout it Outは新体制でライブもやり始めて、今はどんな状態ですか?

山内「自分たちの気持ち的な面ではもう馴染んできてて、気を使う部分も含めてちゃんと身を委ねて、好きに音楽をやれてるかなという感じですね」

画像4: 『FM OSAKA E∞Tracks LIVE』初開催に向け、ラックライフ×Shout it Outのスペシャル対談が実現!<前編>

細川「辞めた2人がやってくれてたことにも気付けたし、じゃあそれを俺らでどうやってカバーし合うのか。最近はそれぞれの役割も明確に見えてきて、それをちゃんと分担することによって、より音楽に集中できてるというか。結構スムーズに進めてるかなぁと」

画像5: 『FM OSAKA E∞Tracks LIVE』初開催に向け、ラックライフ×Shout it Outのスペシャル対談が実現!<前編>

――ラックライフは長年変わらぬメンバーですごいね。

PON「何なんでしょうね? アホなんでしょうね、多分(笑)」

(一同爆笑)

PON「あと、みんな極度の“めんどくさがり”やと思うんですよね。もう辞めるのがめんどくさい(笑)。僕は特にそうなんですけど、辞めるとなったらいろんな問題が発生して、今後のスケジュールでいろんな人に迷惑がかかるし…って思ってる間に辞めたい熱がどんどん冷めていくんですよ。だから長持ちしてるんでしょうね(笑)」

――やっぱり付き合うより別れる方がしんどいからね(笑)。

細川「高校のときから同じメンバーなんですか?」

LOVE大石「高校生のときにクラスが一緒やった。ただ、高1のときは、俺が好きな女の娘を1回ボーカルにしたけど(笑)」

(一同爆笑)

画像6: 『FM OSAKA E∞Tracks LIVE』初開催に向け、ラックライフ×Shout it Outのスペシャル対談が実現!<前編>

細川「メンバーが変わらないのは本当に尊敬するところで。何か秘訣はあるんですか?」

PON「メンバーのことを気にしない(即答)」

LOVE大石「で、俺は気にするねん。やっぱりリーダーでもあるし、目標の土台をバンドに持っていく人やから。目標がないと何に向かって走ってるのか分からんくなるから、バンドがおもしろくなくなっていくという」

PON「こういう人がいるから辞められへんねん(笑)」

LOVE大石「でも、21ぐらいまでは、めっちゃ仲は悪かったと思う。全然喋らんかったし」

PON「バリッバリにツアーを廻ってるときとかは、もう空気感がすごかったですね。でも、やっぱり自分らも大人になったし、あんまりツンケンしなくなりましたね」

LOVE大石「あいつのここが悪いところって分かってしまうから、いい意味で別に気にしなくなったというか。それやったら、こっちで上手いこと言ってテンション上げさせてあげようとか」

――めっちゃ大人の意見(笑)。

画像7: 『FM OSAKA E∞Tracks LIVE』初開催に向け、ラックライフ×Shout it Outのスペシャル対談が実現!<前編>

細川「ハッキリした“きっかけ”みたいなものはあったんですか?」

PON「俺が“何か1人でライブしてる気がする”って思った時期があって、すごい寂しかったんですよ。だから“俺はこんなふうに思ってるんやけど、どうしたらいい?”って1回だけメンバーに相談したことがあって」

LOVE大石「それで結構ヤバめな雰囲気になって、イコマ(g)が“じゃあ1人でやったらえぇやんけ!”って(笑)」

PON「全然覚えてないんですけどね(笑)」

――そうやって思ったことを腹割って言い合う機会があったんやね。いや~タメになる話ばっかりですね。

山内「ホンマ。全部盗めますね(笑)」

画像8: 『FM OSAKA E∞Tracks LIVE』初開催に向け、ラックライフ×Shout it Outのスペシャル対談が実現!<前編>

細川「俺らは仲が悪いとかは全然ないな。離れ離れになるときがほとんどないし」

――だって、今日も私服が被ったから、ちょっと着替えたぐらいやもんね(笑)。

山内「せめて上だけは変えようって(笑)」

細川「俺らも性格は結構対極なんですよ。俺がリーダーとしてやることをいろいろと決めるんですけど、こいつは基本自由奔放なヤツなんで、特にそういうことを気にしないんですよね。そのバランスが逆に今は活きてるというか、それで成り立ってる感はありますね」

画像9: 『FM OSAKA E∞Tracks LIVE』初開催に向け、ラックライフ×Shout it Outのスペシャル対談が実現!<前編>

⇒後編は、それぞれの音源の印象から、ラジオがもたらしてくれたもの、そしてライブに向けてアツく語ります!

Text by 奥“ボウイ”昌史
Photo by 渡邉一生(SLOT PHOTOGRAPHIC)


<番組情報>
FM OSAKA E∞tracks Selection
「ラックライフのせやからゆうてるやないの~」(出演:ラックライフ、隔週放送)
「Shout it Outのシャリラジオ」(出演:Shout it Out、隔週放送)
毎週火曜日19:00~19:30 オンエア!
番組HPはこちら


radikoの新機能「タイムフリー聴取機能」がスタート!

ラジオ番組放送後、1週間に限り、いつでも後から聴くことができる機能です。あなたのお気に入りの番組をSNSで共有することもできます。
番組をリアルタイムで聴けない!という方は、ぜひシェアラジオでお楽しみください。
スマートフォンならradikoのアプリをダウンロード、インターネットなら「radiko」で検索してお楽しみください。もちろん無料です。

画像: fmosaka.net
fmosaka.net
画像: radiko.jp
radiko.jp
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.