▶ご当地『鍋』フェスティバル@万博記念公園

昨年まで2年間、東京の日比谷公園で開催され、つい先日も東京では17万人を集めたばかりの人気イベントで、今回、大阪ではじめて開催される「ご当地『鍋』フェスティバル@万博記念公園」に出店されるお鍋の情報などを紹介する「E-Nabe.」のコーナーです。

今週は、北の大地の魅力が詰まった、スパイシーなお鍋の紹介です♪

今回、ご紹介するのは、北海道は札幌にあります金獅子精肉店の「札幌名物!スパイシーチキンのスープカレー鍋」です。

この「スープカレー鍋」。もちろん普通のスープカレーではありません。海老ダシを効かせたオリジナルのカレースープに、辛味を下味としてつけたスパイシーチキンのほか、
甘みと濃厚な味わいが特徴の北海道十勝産の幻のジャガイモ「インカの目覚め」など、地元北海道産の野菜を中心に、じっくり煮込んだものを予定しているということです。

「スパイスの効いたさらさらのスープに、肉や野菜など大きめの具材を煮込んだもの」といういわゆる普通のスープカレーとは一線を画した、鍋メニューとしてのスープカレーは、お店のスタッフの間でも大好評だということで、
「たくさんの人が訪れる雪まつりでも出店できる自信作だ!」という声が上がっているそうです。

金獅子精肉店は、札幌で「金獅子のホルモン」と「金獅子の焼肉」として営業しているのですが、お鍋は、お店のメニューとしては提供していません。つまり、ここでしか食べられないんです。しかも、大阪で出店するのはこれが初めて!

金獅子精肉店の松浦さんからは、
「北海道のスタッフにも好評のなまら旨いスープカレー鍋を大阪の方にぜひたべていただきたい!たくさんのご来店お待ちしております!」というアピールをいただきました。

初物好きの方も、鍋好きの方も、野菜好きの方も、みんなが楽しめる「札幌名物!スパイシーチキンのスープカレー鍋」。
ここでしか食べられない、北の大地の魅力が詰まった自信作をぜひこの機会に味わってください!

この「札幌名物!スパイシーチキンのスープカレー鍋」をはじめ、各地域の特色を活かし、旬の肉・魚・野菜・きのこを使った「鍋」が全国各地から集結するのがこの「ご当地『鍋』フェスティバル」なんです。

もちろん、それだけじゃありません!
鍋以外にも、あゆの炭火焼きや大判しいたけチーズ焼き、本 数の子黄金松前など、全国各地の鍋以外のグルメも出店されますし、特設ステージではアトラクションもおこなわれたりと、お腹いっぱい、心ほっこりな、寒い冬を吹っ飛ばす、あったかいイベントになっています。

2017年、年明け最初の週末は、ぜひ万博記念公園で心行くまで鍋料理を楽しんでください!

「ご当地『鍋』フェスティバル@万博記念公園」は、来年、2017年1月6日(金)から9日(月・祝)までの4日間、朝11時から夜9時まで万博記念公園お祭り広場で開催します。

また、期間中、万博記念公園では、イルミネーションを中心とした「万博ウインター スペシャル」も開催中とのことですので、こちらも併せて覗いてみてはいかがですか?

ご当地『鍋』フェスティバル@万博記念公園
http://nabefes.com/osaka

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.