今週は、劇団クロムモリブデンが5月におこなう舞台「空と雲とバラバラの奥さま」をご紹介しました。

▶空と雲とバラバラの奥さま

今朝は個性的なスタッフワークと刺激的な演出。ヴィジュアル・爆音・言葉のアートパフォーマンス集団「クロムモリブデン」の新作「空と雲とバラバラの奥様をピックアップ。
この舞台に出演する 「クロムモリブデン」の 森下亮さんにその魅力を語っていただきました。

今回の作品は結婚についてのお話で、現在の結婚制度を変えてしまいたいと思う男が考える、多夫多妻制。
それは奥さんの仕事を、家事、子育て、遊びと、それぞれ部門にわけていこうとします。そしてそれを追いかけるドキュメンタリーの映像作家達が、この奇妙な制度を実行しようとしている村を撮影しているんですが、以前にもこの村を訪れたことがあり、その時にある恐ろしい映像を撮ってしまったことがあり、その映像とはとんでもない多夫多妻制のきっかけになった事件が・・・
というサスペンス要素もありつつ、とんでもない結婚制度のコメディ要素が混ざり合う作品。

という風にご紹介いただきました。

ちなみに、森下さんは今回クロムモリブデンに入って20年の中で初の女性役役!
そして、今回はおかしな村が舞台ですが、そのおかしな村を表現するために新しい方言を作ろうとしているそう。しかし、メンバーの半分くらいが東京の人達なので、どうなるか・・・。
こんなところにも是非注目してみてもおもしろいのではないでしょうか!

舞台「空と雲とバラバラの奥様」大阪公演は、5月11日(木)から14日(日)まで全5ステージ、梅田にありますHEP HALLにて上演。
チケットの購入方法は、クロムモリブデンのホームページをチェックして下さい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.