今週は、暑い夏を吹き飛ばす!”涼しさ”を感じるイベント2つご紹介します。

▶未来水族感

「暑いから外に出たくない!」という人にとって、“水族館”というのは夏の遊びの定番スポットかもしれませんね。
そんな水族館もすごい進化を遂げているのはご存知でしたか?

須磨海浜水族園で開催されている「未来水族感」は時代の先を行く新しい水族館の楽しみ方なんです。
ちなみに「水族感」の「かん」は「感じる」の「感」です。
そう、このイベントは今までのように「魚を見るだけ」だった「感じる」水族館から進化したものなんです。

どんなものかというと、たとえば、魚と一緒の水槽で泳ぐロボットフィッシュの見学や、VR技術を活用して、クジラが周回する海中で、魚を捕まえるゲームができたりと、最先端の技術を使ったコンテンツで楽しむことができます。

また、大水槽内を360度カメラで撮影した映像を、スマホと簡易ヘッドマウントディスプレイで見ることによって、まるで水槽の中に居るかのような体験ができるコーナーがあるんですが、実はこの映像はYoutubeにアップされているので、お家で楽しむことができます。
とはいえ、特製のヘッドマウントディスプレイの販売があるので、直接行って楽しんで、お家でもう一度楽しむ、というのが良さそうですね。

「未来水族感」は、来月8月17日(木)まで、JR須磨海浜公園駅より徒歩5分のところにある神戸市立須磨海浜水族園で開催されています。

未来水族感
http://sumasui.jp/event/2017/06/29715817.html

=================================

▶ひえひえ王国

続いては、びしょ濡れになって遊ぶイベントです。

日本でもトップクラスの観光名所だけど、トップクラスに暑い地域「京都」。
そんな京都で、夏を満喫しながら、なおかつ涼しく過ごしたい人は、ぜひ「東映太秦映画村」へ行ってみてください。
毎年おなじみとなっている「ひえひえ王国」が今年も開催されていますよ。

昨年も大好評だったアトラクション「水の迷路」は、さらにパワーアップして「水の迷路2」になって登場。
迷宮のように入り組んだエア遊具の中では、ドキドキバケツや水だしゲームなど水遊びがたくさんあるほか、高さ10mの水柱がビュンビュン噴き上がったり、頭上から大量の泡が降り注ぐ「泡プールタイム」があったりと大盛り上がりすること間違いなしです!

ほかにも、身長3mの巨大忍者との水かけ合戦や、ゲリラ的に出没する水かけ忍者隊など、映画村らしい水遊びもありますので、ロケーションも一緒に楽しんでくださいね。

また、映画村の良いところは、史上最恐のお化け屋敷や迷路、からくり忍者屋敷など、室内アトラクションが豊富なところです。
びしょ濡れで遊んでから、着替えた後も涼しく遊べますよ。

夜にはイルミネーションもあるので、一日中みんなで遊ぶことができる映画村。
暑いからこそ、この時期にしかできない遊びで盛り上がりませんか?

「ひえひえ王国」は、9月3日(日)まで、京都市右京区にある東映太秦映画村で開催されています。

ひえひえ王国
http://www.toei-eigamura.com/event/detail/157

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.