画像: 学ラジ第六章 Podcast VOL.026

第26回:学ラジでの半年間をふりかえって

「塀の中から」  2017/0923/OA

脚本:大西功一郎 
出演:ハヤト/大川亜耶・警官/大西功一郎・母/松平京子・NA/齋藤雄介

BG-1:  C.I.―(緊迫感)
 
  NA: 前回、怪獣を倒すべくガクラジンガーXに
     乗り込んだハヤト少年!
     しかし、武装した巨大ロボットで公道を
     往くのは法律的にいろいろ問題があり、
     逮捕されてしまうのだった!
ハヤト: こうしてる間にも怪獣は街を壊してるのに、
     ………早くここから出ないと!!
  NA: 学ラジ・ショートストーリー
     『ガクラジンガーX 第2話 ”塀の中から”』
BG-1:  ―F.O.(緊迫感)
  SE: C.I.―(扉開く)
 警官: ハヤトくん、君に面会が来てる。
     ついて来なさい。
ハヤト: 面会………? 誰だろう………?
(少し間)
  母: ハヤト! あんたねぇ、こんな大事な時期に
     逮捕されるなんて何やってるの!!
ハヤト: お、お母さん!?
     ご、ごめん………。
     俺にもっと法律の知識があれば………。
     ………でも! なんとかここから出て、
     今度こそ怪獣を倒すから!!
  母: 怪獣? 何言ってんの、あんた。
     大学受験が控えてるでしょ!?
ハヤト: ………え? 受験?
  母: そうよ!
     あんた来年高校3年生なんだから!
     勉強もしないでガクラジンガーだの
     怪獣だの………。
     もう子供じゃないんだからしっかり
     しなさい!!
ハヤト: い、いや、怪獣が暴れているんだよ!?
     俺が倒さないと街のみんなが!!
  母: あんたが倒さなくても、プロの人たちが
     なんとかしてくれるわよ!
ハヤト: なんとかしてくれないから
     俺がガクラジンガーで!!  
  母: 怪獣倒して大学に入れるの!?
     いい加減現実見て勉強しなさい!!
ハヤト: いや、怪獣も現実なんだけど………。
  母: 地球の平和より、お母さんはあんたの進路の方が
     心配なの!
ハヤト: ………んあーーもう!!
     なんなんだよ、どいつもこいつも!!
     俺はガクラジンガーXでみんなを守る!!
     誰がなんと言おうとここから
     抜け出してやる!!
  母: あら、抜け出す必要なんてないわよ。
ハヤト: いい加減にしてくれよ!!
     早く行かないと怪獣が!!
  母: さっきお母さん、保釈金払ってきたから。
ハヤト: ………え?
 警官: 釈放だよ、出なさい。
ハヤト: ……………あっ…あざーっす。
  BG: C.I―(次回予告)
 ナレ: 母の愛の力により、塀の中から
     脱出したハヤト少年!
     しかし、待っていたのは怪獣ではなく、
     同世代の猛者たちだった!
     次回、ガクラジンガーX
     「受験戦争、血に染めて」
     行け、ガクラジンガーX!!
EDTM: C.I.―  END NA ~ 提供クレジット

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.