画像: 滋賀・大津市で“令和”の特別開帳を堪能コース①

第13番札所「石山寺」と第14番札所「園城寺(三井寺)」で特別開扉

石山寺では、3月18日(水)~6月30日(火) ご本尊如意輪観世音菩薩「御即位御吉例 御開扉」
三井寺では、3月17日(火)~6月30日(火) 本尊 如意輪観音坐像の「ご即位記念 秘仏御開帳」が行われます。

これに合わせて、滋賀県大津市の3つの札所を巡るコースを考えてみました!
石山寺⇒岩間寺⇒ホテルランチ⇒園城寺(三井寺)⇒琵琶湖疎水

今週ご紹介したのは、第13番札所「石山寺」

『石山寺縁起絵巻』によると、奈良時代747年(天平19年)に、聖武天皇の勅願により、
良弁(ろうべん)僧正が創建したと伝わっています。
聖武天皇から奈良にある東大寺の大仏に用いる黄金を探すように命じられた良弁僧正が、
この地を訪れたときに、岩の上に如意輪観音像を置いて祈願したところ、陸奥の国で金鉱が
発見されました。如意輪観音像が岩から離れなくなったので、像を覆うためにお堂を建てたました。

ご本尊は、日本で唯一の勅封、つまり天皇の命により封印されている秘仏で、33年に一度、
および天皇陛下のご即位の翌年のみに御開扉されています。
ちなみに、前回は2016年に33年に一度の御開扉が行われました。
如意輪観音像は、1096年に造立され国の重要文化財に指定。一丈六尺(およそ5メートル)。
安産や福徳、縁結びの信仰を集めています。

ご本尊如意輪観世音菩薩「御即位御吉例 御開扉」は、3月18日(水)~6月30日(火)、
9:00~16:00まで(最終入場15:45)。
入山料と別に、特別拝観料中学生以上500円、小学生250円が必要。

今回の御開扉に合わせ「豊浄殿特別展 春季石山寺と紫式部展」も同時開催。
観音様にまつわる仏像や宝物の数々、歴代天皇と石山寺の関りを示す資料や宸筆(天皇の直筆)の
『源氏物語』など、貴重な寺宝が展示予定です。
中学生以上300円、小学生150円ですが、入山料+本尊特別拝観料+「石山寺と紫式部」展
入場料のセット券1200円がお得です。

【ご報告】西国三十三所検定の全問正解者の方へのご褒美企画を実施しました!

画像1: 【ご報告】西国三十三所検定の全問正解者の方へのご褒美企画を実施しました!

昨年末に番組放送100回記念SP企画として行った西国三十三所検定の全問正解者の中から
見事選ばれました、吹田市のキラキラさんをご招待し、森さんに清水寺をご案内いただきました。

画像2: 【ご報告】西国三十三所検定の全問正解者の方へのご褒美企画を実施しました!

迎賓の間~多宝閣~西門~涅槃図~本堂~奥の院へと、とても貴重な時間を過ごしていただきました。
SP企画にご参加いただいた皆様、キラキラさん、どうもありがとうございました!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.