毎週水曜日のお昼2時半頃からは『阪神高速maruごとハイウェイ!』

 このコーナーは、ドライブにオススメのスポットイベントグルメはもちろん、

そんなスポットにアクセスできる阪神高速の最新トピックスもご紹介しながら

週末ドライブにぴったりの話題をまるっ!と、ご紹介します!!

11月11日は『阪神高速道路、保全交通部 交通企画課、谷 勇輝(たに ゆうき)さん』をスタジオにお迎え!

画像1: 11月11日水曜日 阪神高速maruごとハイウェイ!

谷さんのいらっしゃる保全交通部・交通企画課は、

普段、阪神高速をご利用のお客さまに、

安全、安心、快適な道路の提供を目指し、交通管理に関する仕事をされています。

そんな谷さんにご紹介いただく今回の話題は「SNDプロジェクトについて」です。

FM大阪でも啓発キャンペーンを展開してますが、

改めて「SNDプロジェクトについて」とは、

SNDが⇒⇒⇒STOP NAGARA DRIVINGの略で、

スマホを見ながら・・・、よそ見をしながら・・・、イライラしながら・・・

といった危険運転を撲滅するプロジェクトで、

ネクスコ西日本、本四高速、FM大阪、阪神高速の4社が手を取り合って行う、

持続的な交通安全啓発活動です。

ちなみにFM大阪では珠久美穂子さんがDJで、毎週木曜日の夜8時から30分間、

「SND garden~STOP!NAGARA DRIVING PROJECT」を放送中です!!

基本的に理解はしているんですがながら運転」の発生状況はどのくらいかといいますと、

警察庁の調査では、2019年中の携帯電話使用などによる交通事故件数は、

2,600件以上で増加傾向にあり、カーナビ等を見ながらの事故も多く発生しています。

また、携帯電話使用中などによる事故の場合には、使用なしの事故と比較して

死亡事故率がおよそ2倍でした。

具体的な部分で「ながら運転」の危険性は、阪神高速環状線などでは制限速度が時速60kmですが、

5秒スマホに目を移しただけで、その間に車は83m進みます。

これは、道路を照らす照明柱(直線区間で概ね35m~40m間隔)を2本以上進むことになります。

 また、4号湾岸線、5号湾岸線などでは制限速度が時速80kmの区間があります。

時速80kmでは5秒スマホに目を移しただけで、その間に車は111m進みます。

わかりやすく言いますと、甲子園球場レフト・ライトの両翼96m

センターまで118mありますので、わずか5秒の間

ホームベースから外野スタンドまで到達してしまいます。

自分では一瞬と思っていても、その間に進む距離は想像を超えている「ながら運転」。

とても危険ですので、絶対にやめていただきたいですね。

そんな「SNDプロジェクト」ではサポーターを募集しています。

SNDプロジェクト公式HPでサポーターを募集しています。

サポーターとして、あなたの大切な人や「ながら」運転撲滅へのメッセージをお寄せください。

また、みなさまから多くのメッセージを頂きたくキャンペーンを開始しています。

期間は11月30日(月曜日)までで、

すでにメッセージをお寄せいただいた方も対象です。
 
サポーター登録」いただいた方の中から抽選で1,000名様に、

「SNDグッズ」などをプレゼントします!

具体的なグッズの内容は、NEXCO西日本提供ミニカー、阪神高速提供ボールペン、

SNDピンバッジ、SNDステッカーです!

ぜひ「SNDプロジェクト」のサポーターになりましょう!

「阪神高速maruごと ハイウェイ」では、リスナーの皆さんからの

ドライブソングのリクエストを募集しています。

「赤maru」のリクエストフォームからエントリーしてください。

採用された方には、ドライブにも便利な、赤maruオリジナル QUOカード3,000円分をプレゼントします!

たくさんのリクエスト&メッセージお待ちしています!!

画像2: 11月11日水曜日 阪神高速maruごとハイウェイ!
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.