毎週・土曜日、夜8時半からは、

「FM大阪 こどもてらす〜To Zero for Children〜」は、

こどもたちはもちろん、お母さん、おとうさん、里親さん、そのほか全てのみなさんの

身近なテラスとなり、また、こどもたちの今、そして未来を明るく照らす!プログラムです。

DJは大塚由美

「NPO法人、日本こども支援協会 代表理事の岩朝しのぶ」です!

画像: 4月10日土曜日 こどもてらす〜To Zero for Children〜

みなさんからのご意見、リクエストなどお待ちしています!

里親制度について、子育てでのお悩みなどじゃんじゃんお寄せください!

FM大阪のホームページにあります「こどもてらす」のリクエストフォームからアクセスください。

毎回、あるテーマにスポットを照らしてお話しする「てらすトーク」

 4月10日の「てらすことば」は・・・日本こども支援協会です。

「⾥親制度について、聞いたことはあるけれど詳しくは知らない」。

そんな⽅が、今の⽇本ではほとんどだと思います。それくらい、⾥親制度は知られていません。

現在の⽇本では、親と暮らせない⼦どもたちが45,000⼈いると⾔われています。

 そこで、「里親制度」というのは、様々な理由で親と暮らせない⼦どもたちを、

家庭環境の下で養育する制度です。家庭での⽣活を通じて、

⼦どもが成⻑する上で極めて重要な特定の⼤⼈との愛着関係の中で養育を⾏うことにより、

⼦どもの健全な育成を図ります。

日本こども支援協会では、主に2つの事業を展開しています。

・里親支援事業(里親同士の交流促進、里親の相談支援など)

・里親啓発事業(ONE LOVEについて)

そのほか、里親制度について、日本こども支援協会についてトークを展開しています!!

なお、放送終了後の1週間後に音声をこのページにもアップしますのでお聴きください!

こどもてらすの Twitterはこちら!

4月3日のてらすトークはこちら↓

- YouTube

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.