コロナ禍で音楽業界も苦境に立たされていますが、そんな状況でも上を目指して頑張っているアーティストを紹介していくコーナーです。

MCは、歌手であり女優でもある藤枝ミキさん!

そして本日のゲストは「マリリン」さんでした。

画像: Rhythmic+ WORLD「Meet My Friend」#20

このコーナーでは、出演したい!というアーティストの皆さんを募集しています。ぜひ番組メッセージフォームからエントリーしてくださいね。

マリリン Profile

東邦音楽大学音楽科専攻声楽卒業。
声楽を佐浦国雄氏、ピアノを田仲栄子氏に師事。
大学在学中よりバンドでライブ活動を始め、NHK主催YMF埼玉県大会で優勝。
卒業後は神ひろし主宰のミュージカルに参加。
その後、ポップス、ジャズ等、都内ホテルやライブハウスで活動しながら、ミュージックスクールの室長、朝日カルチャー講師、幼児向けのリトミックを指導する。
2003年よりピアノ弾き語りを始め、愛と平和を心情に音楽のジャンルをこえ癒し系ハスキーボイスと楽しいトークで好評をえている。
また、変わった所ではポール・マッカートニーの曲をピアノで弾き語っている。
最近ではLソフィア主催の昭和歌謡を歌う会の講師として人生の先輩方と健康と美容を目指しまい進している。

藤枝ミキ Profile

画像: 藤枝ミキ Profile

幼少の頃にバレエ,エレクトーンを習い始める。
小学生の頃から、ものまね番組やのどじまん大会など数々の TV 番組に出演。
中学生から日本テレビ音楽学院に入り、歌唱,ダンスの勉強をし、バーズとして活動。
短大卒業後、イギリスに留学し、音楽と演劇コースを選択。
帰国後は、音楽や芝居など舞台などで活動。また女優、モデル、ナレーション、イベントの司会、ラジオのパーソナリティー、CM、テレビなどでマルチタレントとしても活動。
一方では、エディター、翻訳家(外国人アーティストの通訳、洋楽CDの対訳など )の仕事も手掛ける。
また作詞、作曲も行い、シンガーソングライターとして活動し、バンド “シュールシュール”でCDデビューをし、現在までにポップス、童謡、演歌と数々のCDをリリース。
バンド解散後、ソロ歌手としては、ジャズからポップス、演歌、童謡まで幅広く対応し、歌って踊れる楽しいステージを展開中。
現在は、全国でコンサートやショーなどを行い、女優としても喜劇から悲劇までいろいろな役をこなし、数々の舞台や映画にも出演している。
今後は女優と歌手と両立して活動していく予定。

本日のOA楽曲「BOY / ミキ&マリリン」

画像: 「boy」 ミキ&マリリン B♭(ビーフラット)ライブ youtu.be

「boy」 ミキ&マリリン B♭(ビーフラット)ライブ

youtu.be

radiko

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.