「SDGs」とは、世界が抱える様々なな課題を
2030年までに解決するため国連で話し合われた
17の国際目標のこと。

このコーナーでは、「SDGsの17の目標」を紹介しながら、関連する「最新ニュース」や「話題」を、皆さんと一緒に、考えています。

ジェンダー平等を実現しよう

今週は、5番目の目標「ジェンダー平等を実現しよう」

ところで、ジェンダーってなに?

「女の子だから?」「男の子だから?」と言ったこと、言われたことはありませんか? 

男女の違いには,カラダのつくりのほかに、社会的・文化的な役割の違いがあります。

この社会的・文化的な役割…というのが、

「男性は,女性はこうあるべき,するべき」と、わたしたち無意識に考えているイメージです。

例えば,「外で働くのは男性で,家のことをするのは女性」とか「男性は青,女性はピンク」と決めつけること。

こういった先入観が、ジェンダーの不平等や差別を生んでいます。

今年、3月。
世界経済フォーラムが公表した

「ジェンダー・ギャップ指数2021」によると日本の順位は156か国中120位(前回は153か国中121位)でした。

SDGsが目指すのは、男性も女性も社会的に平等であること。

男性だから…
女性だから…と、様々な差別を受けることのない社会をつくろうというものです。

そしてまた、「LGBT」の存在を、社会が受け入れようというものです。

6月は、世界的にLGBTの権利や文化、コミュニティーへの支持を示す「プライド月間(Pride Month)」としても知られています。

この時期には、LGBTの象徴である「レインボーカラーを使った商品」が発売されたりサービスを展開する企業もあるので、これをきっかけに
「プライド月間」を知った人も多いかもしれ
ません。

たとえばLEGO®︎は、今年、プライド月間をテーマとした

“Everyone is Awesome〜みんなサイコー!”
セットを発売します

346ピースの虹色のブロックで構成する新製品

●通常6色であるレインボーフラッグに加えて、

●トランスジェンダーコミュニティを象徴するライトブルー、ピンク、ホワイトの3色と、

●黒人コミュニティ、ラテン系コミュニティを表現するブラック、ブラウンを追加した全11色のミニフィギュアが付いています。

このセットは、プライド月間がスタートする6月1日(火)に「Lego®︎」ストアと、公式オンラインストアで発売されます。(約3800円)

プライド月間が問いかけているのは、「性の多様性」だけではありません。

その先にある「どんな自分でも誇りに思う」ことや「自分らしく生きる」ことも訴えています。

毎週火曜日のプレゼント

LOVE FLAPのプレゼントも・・・SDGsに貢献している商品

環境に配慮した「ヤシノミ洗剤」

衛生に配慮した「シャボネット・ササッとすすぎ 泡手洗いせっけん」

健康に配慮した「ラカントS 顆粒」

…をセットにした「ヤシノミ・ギフトBOX」3名様に!

サラヤでは、ヤシノミ洗剤シリーズ」などの製品の売り上げの1パーセントボルネオの環境保全/ゾウやオランウータンの保護に使っています。

環境のため、野生動物・野生生物のため、なによりも自分自身のためにも「よりよい選択を!」

店頭で、サラヤの商品を見かけたら、是非試してみてください。

“ECO

“ECO

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.