コロナ禍で音楽業界も苦境に立たされていますが、そんな状況でも上を目指して頑張っているアーティストを紹介していくコーナーです。

MCは、歌手であり女優でもある藤枝ミキさん!

そして本日のゲストは「前田義秀」さんでした。

画像: Rhythmic+ WORLD「Meet My Friend」#25(最終回)

前田義秀 Profile

1953 年 10 月 16 日 東京出身
70 年代より作曲活動を始める。
某自動車会社に就職しながら、80 年代には多くのアーティストや三田寛子、森尾由美などアイドルにも楽曲を提供し、NHK みんなのうた「コラソン DE デート」など好評を博す。
一旦、自動車会社の技術開発の仕事に専念し、役員などを歴任。
しかし、音楽への夢を断ち切れず、2018年に音楽事務所を設立し、アルバム「君を見つけた日」(岩沢幸矢/ブレッド&バター)を制作。
現在は自身のソロアルバム「246JUNCTION」(2021 年 10月発売予定)の制作中。

藤枝ミキ Profile

画像: 藤枝ミキ Profile

幼少の頃にバレエ,エレクトーンを習い始める。
小学生の頃から、ものまね番組やのどじまん大会など数々の TV 番組に出演。
中学生から日本テレビ音楽学院に入り、歌唱,ダンスの勉強をし、バーズとして活動。
短大卒業後、イギリスに留学し、音楽と演劇コースを選択。
帰国後は、音楽や芝居など舞台などで活動。また女優、モデル、ナレーション、イベントの司会、ラジオのパーソナリティー、CM、テレビなどでマルチタレントとしても活動。
一方では、エディター、翻訳家(外国人アーティストの通訳、洋楽CDの対訳など )の仕事も手掛ける。
また作詞、作曲も行い、シンガーソングライターとして活動し、バンド “シュールシュール”でCDデビューをし、現在までにポップス、童謡、演歌と数々のCDをリリース。
バンド解散後、ソロ歌手としては、ジャズからポップス、演歌、童謡まで幅広く対応し、歌って踊れる楽しいステージを展開中。
現在は、全国でコンサートやショーなどを行い、女優としても喜劇から悲劇までいろいろな役をこなし、数々の舞台や映画にも出演している。
今後は女優と歌手と両立して活動していく予定。

本日のOA楽曲「246JUNCTION/前田義秀」

radiko

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.