via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

映画監督の「入江悠さん」をお迎えしました。
今回は、最新作品「シュシュシュの娘」に関してお話頂いています。
この作品は、新型コロナウィルスの影響で映画制作がストップする中、
監督が、カッとなって描いた作品。
この作品に込められた監督の「3つの夢」が、
●仕事を失ったスタッフ、俳優と、商業映画では製作しえない映画を作ること。
●未来を担う若い学生達と、あらたな日本映画の作り方を模索すること。
●苦境にある全国各地のミニシアターで公開すること。
これらの思いが込められた作品は、現在公開中です。

画像: 9/12放送のお客様「入江悠さん」
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.