こどもてらす〜To Zero for Children〜の中で

毎回、ある言葉にスポットを照らす「てらすトーク」

画像1: 1月22日 第43回 てらすトーク「多様性って何だろう?」

1月22日、第43回のてらす言葉は・・・「多様性って何だろう?」

昨今は個人それぞれの個性を生かした多様性というキーワードに触れることが多くなっています。

またビジネスの場面において語られる多様性の焦点となっているのは、

性別・年齢・国籍などの属性的条件と、価値観やライフスタイルなどの思考的条件の2つです。以上を踏まえて多様性とは、「人材と働き方の種類や傾向はさまざまである」ということとも言えます。

さらに多様性は、しばしばダイバーシティという言葉に置き換えられます。

日本でいうダイバーシティとは、多様な人材(性別・年齢・国籍)の多様な働き方を認め、活用することをいいます。経済産業省でも「ダイバーシティ経営企業100選」事業などを行い、ダイバーシティ経営を推進しています。

そんないろんな場面での多様性についてトークしています。

こちらでもお聴きいただけます!ぜひお聴きください!

↓動画はこちら↓

- YouTube

youtu.be

感想などはこちら!

なお、メッセージをいただいた方の中から抽選で2名様に

「こどもてらすオリジナル白雪ふきん」をプレゼント!

画像2: 1月22日 第43回 てらすトーク「多様性って何だろう?」

【奈良で作られているふきんで、蚊帳生地を多層に重ね丁寧に仕上げているので丈夫。

使うほどに柔らかくなり、目の粗い薄織物なので乾きが早い。

汚れを素早く吸い取り、ついた汚れも落ちやすい

(※油汚れには中性洗剤をご使用ください)

ニオイがつきにくい。塩素系漂白剤も使用可能(長く清潔に利用可能)】

また、全国各地の人気ラジオ番組が参加♪聴く!読む!参加する! 豪華トーク満載の音声コンテンツアプリ「AuDee(オーディー)」でもお聴きいただけます。

詳しくはこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.