今夜の『My Jam』は、ダニエル・シーザーに注目。
父親がゴスペル・シンガーだった彼は、ゴスペルの素養がありつつも、
このジャンル特有の熱唱型ではないのがひとつの個性です。
「ファルセット・ヴォイスもいいし、淡々と気怠そうに歌うのが心地好い」
竹内美樹は、彼の魅力についてこう語ります。
H.E.R.とコラボした『ベスト・パート』で、ダニエル・シーザーのことを
知った竹内美樹は、
スタジオで初めて出会ったその日に意気投合した2人が即興で作ったという、
そのエピソードにも心惹かれたとか。
そして、選んだ「My Jam」は、『We Find Love』。
ゴスペル風ピアノにつづく”優しい歌”という、
アプローチがまた独特だと言います。

そして、彼からつながるリンクは、ギヴィオン。
ダニエルとともにジャスティン・ビーバーの『ピーチズ』に参加したシンガーです。
その魅力は、低音のバリトン・ヴォイスにありますが、
若い頃は、この声がコンプレックスだったそうです。
そんな彼が歌う『Heartbreak Anniversary』、
竹内美樹と柴田玲、去っていった彼女に未練いっぱいの歌詞について
それぞれの印象を語っています。

本日OAした楽曲

『言葉に出来ず…』竹内美樹
『We Find Love』ダニエル・シーザー
『Heartbreak Anniversary』ギヴィオン

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.