「SDGs」とは、世界が抱える様々なな課題を
2030年までに解決するため国連で話し合われた
17の国際目標のこと。

このコーナーでは、「SDGsの17の目標」を紹介しながら、関連する「最新ニュース」や「話題」を、皆さんと一緒に、考えていきます。

毎週火曜日のプレゼント

サラヤさんからのプレゼントは・・・SDGsに貢献してい
る商品

環境に配慮したヤシノミ洗剤」健康に配慮した
ラカントS 顆粒

衛生に配慮したアルソフト
携帯用
手指消毒ローション

マスターピースとコラボした専用携帯ケース

…をセットにした「サラヤ4点セット」を3名様に!

先週、SDGsの16番目の目標

「平和と公正をすべての人に」について、おはなししました。

SDGsには、17のゴール(目標)の下に、

169の細分化されたターゲットが設定されています。

「平和と公正をすべての人に」という目標のしたにある「ターゲットその1」には…

あらゆる場所において、すべての形態の暴力、

および、暴力に関連する死亡率を大幅に減少させる

と、あります。今回の、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻は、

この「目標に反している」ということになります。

戦争は、SDGsのすべてのゴールを巻き戻します。

たとえば、SDGsの目標2の「飢餓を終わらせる」について…

●いま、ウクライナ国内の「食品事業者の営業」がストップしています。

●食料を消費するはずの消費者(国民)も、

すでに100万人以上が国外に退避していると報じられています。

↓すると

●在庫もとどまってしまい、食料がだめになってしまいます。

↓ということは

●食料廃棄(食品ロス)を半減させよう!という、

12番の目標「つくる責任 つかう責任」の達成が遠ざかっていきます。

また、

●ロシアとウクライナは小麦や、トウモロコシ、植物油を供給している輸出国です。

今回の紛争で、食料の価格が上昇しています

↓すると

●食料を購入する経済力がない人たちに、「飢餓」が増える可能性があります。

実は、地球上には、78億人分の食料は十分あるんですが…

●お金がなければ食料を入手することができません。

飢餓の原因には、貧困もある

↓ということは

●目標1:「貧困をなくそう」にも関わってくる

●飢餓や貧困が増えれば、

3番目の目標「すべての人に健康と福祉を」や

4番目の目標の「質の高い教育をみんなに」などのゴールも、

巻き戻されることが予想されます。

“ECO

“ECO

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.