『阪神高速maruごとハイウェイ!』

このコーナーは、ドライブにオススメのスポットイベントグルメはもちろん、

そんなスポットにアクセスできる阪神高速

最新トピックスもご紹介しながら週末ドライブにぴったりの話題をまるっ!と、ご紹介します!!

 この時期のお出掛けで一番気になるのが、お天気ですよね〜

せっかくのお出掛けなのになんだか天気がぐずぐず…予定を立てるにもお天気に左右されがち!

そこで今日はこんな時期にもおすすめの

室内でたっぷり遊べる体験型スポットをご紹介!

画像1: 6月8日水曜日 阪神高速maruごとハイウェイ!
画像2: 6月8日水曜日 阪神高速maruごとハイウェイ!

 まずは大阪府・池田市にあります、カップヌードルミュージアム 大阪池田

1958年に日清食品の創業者・安藤百福(あんどう ももふく)が発明し、

新しい食文化となったインスタントラーメンの歴史を通じて、

発明・発見の大切さを伝える体験型食育ミュージアムです!

 入り口を入ってすぐにあるインスタントラーメン・トンネル

チキンラーメンから始まった

インスタントラーメンのラインナップが展示されています。

半世紀以上前にたったひとつの商品から始まったインスタントラーメンが発展していく様子を、

約800種類のパッケージの展示で表現されていて、

「これ懐かしい!」「こんなのあったんだ〜」なんて言いながら見学するのも楽しそうですね〜!

 そして、こちらの施設で大人気なのが世界でひとつだけの

「オリジナルカップヌードル」を作ることができる

マイカップヌードルファクトリーです!

自分でデザインしたカップに、4種類の中からお好みのスープと、

12種類の具材の中から4つのトッピングを選ぶことができて、

味の組み合わせは、なんと5,460通り!

なお、体験するにはマイカップヌードルファクトリー利用券つき入館券が必要となります。

また、大人気施設の為、前日まで事前予約がおすすめです!

ご予約は「カップヌードルミュージアム」の公式サイトから予約サイトへアクセスできます。

3歳以上からは入館する人数分の

「マイカップヌードルファクトリー利用券つき入館券」が必要となります。

こちらは1食400円で「事前予約サイト」から購入することができます。

営業時間は・・・午前9:30〜 午後4:30 (入館は午後3:30まで)

休館日は・・・火曜日(なお火曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、

年末年始もお休みとなります。

アクセスは・・・阪神高速11号池田線 川西小花出口からおよそ10分です。

続いてご紹介するのが、大阪府・堺市にあります、

コンペイトウプチミュージアム堺

ポルトガルからやってきた南蛮渡来のお菓子「コンペイトウ」の歴史や文化を学べ、

オリジナルコンペイトウ作りを体験することができます!

 本来コンペイトウは、「ドラ」と呼ばれる斜めに傾いた、

回転する大きな釜に金平糖の核となるザラメイラ粉と呼ばれる、

もち米を蒸して細かく砕いたものを入れ、そこに糖蜜を振りかけ、火であぶりながら

ゆっくりゆっくり全体をかき混ぜ、職人さんが手間暇かけて作られます。

 プレミアム金平糖工房では

直径30センチの体験用のミニ釜をつかってオリジナルのコンペイトウ作りが体験できます。

色と味を選んで、2種類のコンペイトウが作れるので、

どんな色変・味変が起こるのか、理科の実験気分が楽しめちゃいます!

プレミアム金平糖工房は事前予約制で、

コンペイトウミュージアムのホームページから予約することができます。

本日ご紹介したコンペイトウプチミュージアム堺

プレミアム金平糖工房」では1窯・3600円でコンペイトウ作りが体験できて、

1窯につき中学生以上の大人2名でシェアすることができます。

中学生以下のお子様は3名で1窯をシェアすることができますが、

必ず大人の付き添いが必要です。

営業時間は・・・午前9:00〜 午後5:00まで

年末年始以外は基本的に平日、土日祝日も体験ができます。

お盆など混雑が予想される場合は、事前にお問い合わせがおすすめです。

アクセスは・・・阪神高速6号大和川線、鉄砲出口からおよそ5分、

または15号堺線、住之江出口からおよそ10分です。

続いては、ちょっと変わり種?

大阪・千日前、なんばグランド花月のすぐ近くにあります、

デザインポケット 大阪本店」!

こちらではなんと食品サンプルの制作体験ができます!

 レストランなどでお馴染みの食品サンプルは、大阪が発祥なんです!

実際の料理を展示しても、最後には捨ててしまう事を「もったいない!」と思った

大阪の人たちの精神から生まれたものなんだとか!

こちらでは、実際に飲食店の前に並んでいる塩化ビニール素材での体験ができて、

モノづくりにこだわった職人さながらの食品サンプルの制作体験ができます。

もちろん、作った食品サンプルは全て容器に入れてお持ち帰りもできますよ〜

大人が一緒であれば3歳からのお子様も体験する事ができます!

 ちなみに体験メニューの「たこ焼きキーホルダー」や「たこ焼きマグネット」は

それぞれ2,480円で体験できます!

こちらは、大阪名物たこ焼きの食品サンプルを2個作ることができます。

焦げ目づけ、ネギや紅しょうがの絵付け・ソースかけ・青のりトッピングなどで

とてもリアルなたこ焼きに仕上げることができます!

キーホルダーかマグネットか選ぶことができて、

1つは自分用、もう1つはプレゼント用にしてお揃いにするのもいいですね〜

続いては抹茶パフェ!こちらは2,980円で体験できます。

ホイップクリームを絞ったり、ワッフルの焼き色を着色したり、

盛り付けるパーツも色々あって本当のお菓子作りのように楽しむことができます。

小さなお子様でも保護者の方が手を添えてクリームを絞ったり、

相談しながら盛り付けすることでとてもかわいく作ることができますよ〜

作った後はメモクリップにもなるのでお土産にもぴったりです!

続いては寿司マグネット!こちらも2,980円で体験できます。

サーモン、マグロの中トロを作ることができ、ネタに絵付けをしたり、

ニスを塗ったり、普段何気無く見ていた物をじっくり観察することで、

意外な発見や気付きが生まれるかも!

作成後はマグネットにすることができるので、こちらもお土産にぴったり!

 なお、デザインポケット大阪本店のホームページから体験予約ができます。

基本的に予約優先ですが、当日の飛び込みでの予約もOKということです!

営業時間は・・・午前11:00〜 午後5:00まで

アクセスは・・・阪神高速1号環状線、なんば出口、または道頓堀出口からおよそ8分です。

ここで、阪神高速からのお知らせです。

先週に引き続き、「阪神高速、14号松原線、喜連瓜破付近の橋の架け替え工事」の情報です。

現在、喜連瓜破から三宅JCTの間の上下線で終日通行止めを行っております。

通行止めの期間は、2025年3月末まで およそ3年間の予定で、

この期間は、「平野入口」と「三宅 出入口」がご利用いただけません。

なお、「喜連瓜破 出入口」はご利用いただけます。

また、これにより、「喜連瓜破」周辺の「一般道路」や「近畿自動車道」、

「阪神高速の東大阪線」の渋滞に影響が出ています。

工事期間中は、「松原線の駒川出入口(こまがわでいりぐち)」

「大和川線の三宅西 出入口」の間で、

「う回乗継」がご利用いただけます。

「喜連瓜破 出入口」と「三宅西 出入口」の間でも

「う回乗継」ができるのですが、

特に、南行きでは喜連瓜破出口を先頭に渋滞が起きており、

通行に時間がかかる場合があります。手前の駒川出口からも、う回乗継ができますので、

ご利用の検討をお願いいたします。

そして、阪神高速では、「大和川線」など高速道路を利用した

「う回」への協力を呼び掛けています。

そんな「う回」に関するキャンペーンも展開中です!

「高速つかって くるっと う回キャンペーン」と題しまして、

抽選で1,000名様に5,000円分のAmazonギフト券をプレゼントします。

抽選の対象となるのは、今月の6月30日までの期間で、高速道路を使って、

「大阪都心部から松原JCT方面」と「松原JCTから大阪都心部方面」の

対象出入口ご利用いただいたお客さまです。

なお、ETC限定でキャンペーンサイトから登録が必要となりますのでご注意ください。

阪神高速14号松原線、喜連瓜破付近の橋の架け替え工事に関する

詳しい情報は、「喜連瓜破 リニューアル」で検索し、

阪神高速ホームページの工事特設サイトをご覧ください。

およそ3年間という長期間の工事になりますが、

これからの長い未来を安全・安心・快適な阪神高速にするための大切な工事になります!

う回などご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をよろしくお願いします!!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.