餃子で世界へ羽ばたくべく、いろんな企画にチャレンジしているなんMEGA!チーム。
今回は「大阪王のお持ち帰り餃子をアレンジしてみよう~!」

大阪王の餃子はお店で味わえるのはもちろん、
テイクアウトすれば、お家でも手軽に楽しむことができます。
シンプルに焼くだけでもじゅうぶん美味しい「大阪王の餃子」
ですが・・・アレンジしても、さらに美味しくたべられるのでは?!

ということで・・・料理研究家・櫻井(さくらい)絵里子(えりこ)先生に
オススメのレシピを考えていただき、実際に作ってみました!
今回、考えていただいたレシピは…

「餃子でレタス巻き」です!

まず用意していただく材料(1人前)は

・生餃子(6個)
・玉レタス お好みの量
・揚げ油 適量

【タレ】
・オイスターソース 大さじ 1/2
・醤油 大さじ 1/2
・砂糖 大さじ 1/2

〈作り方〉

①餃子はきつね色でカリッとするまでじっくり中温で揚げておく。
(生からでも冷凍からでもどちらでも良い。)

②オイスターソース 大さじ1/2、醤油 大さじ1/2、砂糖 大さじ1/2を
 耐熱容器に入れレンジ700Wで1分ほど加熱しておく。

③レタスは1枚ずつはがし洗って餃子が包めるように適度にちぎって器に盛る。

④①の餃子が出来たら器に盛り、タレをかけて、レタスに包んで召し上がれ〜!!

画像2: 6月17日:「大阪王 presents 彩名が行く!餃子世界化計画」
画像3: 6月17日:「大阪王 presents 彩名が行く!餃子世界化計画」

サンチュにも盛り付けましたよ!!

ポイント

中華料理のレタス巻きのお肉を餃子にアレンジすることで、
面倒な野菜のカットも揚げ春雨を準備する必要もありません。
おまけに食べるときにぽろぽろ落ちる事もなく、食べやすいです。
レタスがたっぷり食べられます!
玉レタスは玉状になっているレタスでシャキシャキ感が強いですのでおすすめですが、
サニーレタスやサンチュなどでも変更可能です。色々試してみてください!!

調理時間は、20分くらいかかりましたが、
SNS用の写真を撮るため盛り付けに悩んでいる時間もあったので
もう少し早く出来るかもしれません。

まず、なんと言ってもタレのかかった餃子とレタスの相性が抜群✨
ついつい何個も食べてしまいました‼️

「タレの味が濃いな」と思った方はレタスを2枚巻いてみたり、
餃子を1つじゃなくて、2つレタスに巻いて食べみるなどしてもいいかもしれません。

ぜひ、大阪王の餃子をテイクアウトして、
皆さんも「餃子でレタス巻き」を作ってみてくださいね‼️

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.