毎週・水曜、午後2時半頃からは『阪神高速maruごとハイウェイ!』

 このコーナーは、ドライブにオススメのスポットイベントグルメはもちろん、

そんなスポットにアクセスできる阪神高速

最新トピックスもご紹介しながら

週末ドライブにぴったりの話題をまるっ!と、ご紹介します!!

今日は、「阪神高速道路、大阪保全部、改築・更新事業課、髙橋 博司さん」をお迎え!

画像1: 6月22日水曜日 阪神高速maruごとハイウェイ!

阪神高速歴・1年、という髙橋さんの阪神高速オススメポイントは、

阪神高速から見る「夜景」

中でもジャンクション部分の夜景が個人的にお気に入りということ。

阪神高速ドライバーズサイトに夜景スポットの情報がありますので、

是非チェックしてみてください。

そんな髙橋さんが今回、紹介いただける情報ですが・・・

阪神高速では、安全・安心・快適を未来につなげるため、

構造物の長寿命化に向けた「高速道路リニューアルプロジェクト」に取り組んでいます。

その一環として現在、一部車線の規制をおこなっています、

「16号大阪港線阿波座付近の大規模修繕工事」についてお知らせです。

まず、この工事は、2024年秋頃まで続くのですが、

工事期間中は、16号大阪港線、西行き・天保山方面の阿波座付近で、

1車線が規制されます。

この場所は、1号環状線や、阿波座入口からの合流と、

3号神戸線・16号大阪港線に分岐する間で、

車両が混雑することに伴う慢性的な渋滞が発生していたため、

1997年に1車線分をふやしました。

そんな車線を増やしたことで、増やした道路と、元からあった道路との間には、

どうしても「つなぎ目」ができてしまいます。

この「つなぎ目」により1車線を増やしたものの、交通量が多いこともあり、

「つなぎ目」の付近で多くの損傷や騒音などが発生しております。

これまで様々な対策を行ってきましたが、抜本的な解決には至っておりませんでした。

そのため、今回、「つなぎ目」そのものを撤去することにより、

不具合を解消する工事を行っています。

この「つなぎ目」が無くなれば、

走行時の騒音の低下はもちろん、つなぎ目は雨の日にスリップしやすい場所であるため、

今回の工事でつなぎ目を撤去することで、走行時の安全性も向上します。

他にも工事している部分があります。

今回の「つなぎ目」を撤去するために

「高速道路を支える橋脚(きょうきゃく)の梁(はり)という部分を拡幅したり、

道路面を支える「橋桁(はしげた)」の取替え」を行います。

また、阪神・淡路大震災や東日本大震災レベルの地震に対しても安全なように補強を行ったり、

その他にもいろいろな工事を行います。

なお、今回の工事は、通行止めではなく、車線規制となります。

実は2020年12月に工事に着手し、

一般道路の中央大通り西行き阿波座付近において、

規制をして工事を進めていました。

 工事が進み、現在では高速道路本線でも規制が始まっており、

16号大阪港線(天保山方面)で、

今年6月10日から2024年秋頃まで、1車線を規制しています。

 期間中は1号環状線からの合流部分や、

3号神戸線との分岐部分の走行にご注意ください。

また、時間帯によっては渋滞も予想されますので十分に注意して走行してください。

なお阿波座入口は引き続きご利用いただけます。

なぜ規制期間が2年強もかかるのかと言いますと、

都会の真ん中で工事を行うため、高架下の作業場所が狭く、

設置できる重機に制限があります。

また、撤去した部材や、新しく設置する部材を仮置きするスペースも限られています。

そのため、撤去した部材は小分けにして運び出し、

新しく設置する部材も小分けにして設置する必要があることから、2年強の規制期間がかかります。

規制期間は長くなりますが、より細やかな作業をすることで、

さらに安全・安心・快適な阪神高速になります!

みなさんのご理解とご協力をよろしくお願いします!

「阪神高速maruごと ハイウェイ」では、

リスナーの皆さんからのドライブソングのリクエストを募集しています。

「赤maru」のリクエストフォームからエントリーしてください。

採用された方には、ドライブにも便利な、

赤maruオリジナル QUOカードをプレゼントします!

たくさんのリクエスト&メッセージお待ちしています!

画像2: 6月22日水曜日 阪神高速maruごとハイウェイ!
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.