こどもてらす〜To Zero for Children〜の中で

画像1: 9月3日 第75回てらすトーク「児童虐待の現状とこれから」

毎回、ある言葉にスポットを照らす「てらすトーク」

9月3日、第75回のてらす言葉は・・・「児童虐待の現状とこれから」

前回に続いて大阪市中央こども相談センター、所長の音田 晃一さん

スタジオにお迎え。

画像2: 9月3日 第75回てらすトーク「児童虐待の現状とこれから」

こども相談センターでは、

大阪市の児童相談所として18歳未満の子どもに関わる家庭、

その他からの相談のうち専門的な知識及び技術を必要とするものについて、

総合的な調査、診断、判定等に基づき、必要な助言指導や施設入所等の援助を行います。

大阪市には中央こども相談センター、北部こども相談センター、

そして南部こども相談センターの3箇所あります。

そんな大阪市中央こども相談センター、所長の音田さん

こどもの虐待の現状、そしてこれからの課題などについてトークしています。

こちらでもお聴きいただけます!ぜひお聴きください!

↓動画はこちら↓

- YouTube

youtu.be

感想などはこちら!

なお、メッセージをいただいた方の中から抽選で2名様に

「こどもてらすオリジナル白雪ふきん」をプレゼント!

画像3: 9月3日 第75回てらすトーク「児童虐待の現状とこれから」

【奈良で作られているふきんで、蚊帳生地を多層に重ね丁寧に仕上げているので丈夫。

使うほどに柔らかくなり、目の粗い薄織物なので乾きが早い。

汚れを素早く吸い取り、ついた汚れも落ちやすい

(※油汚れには中性洗剤をご使用ください)

ニオイがつきにくい。塩素系漂白剤も使用可能(長く清潔に利用可能)】

また、全国各地の人気ラジオ番組が参加♪聴く!読む!参加する! 豪華トーク満載の音声コンテンツアプリ「AuDee(オーディー)」でもお聴きいただけます。

詳しくはこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.