画像: 子育てのいらいら、遠距離恋愛の破局、その煩悩を解消する仏教的ヒント!

今月のゲストは、京都にあります、臨済宗「妙心寺退蔵院」の副住職 松山大耕さんです。

最終週はリスナーから届いた質問やお悩みにおこたえ。

【ラジオネーム】南区のルーシーさん
悩みが尽きないのですが、一番のネックが「子育て」についてです。
子育てしていく上で、何事もイライラしない、のびのびと見守って育てたい、
おおらかな気持ちで接したい、という思いがあるにもかかわらず、
どうしても子供の行動、態度などにイライラしてしまい、怒ってしまいます。
いつも、こんなはずではなかったのにと怒りの煩悩に勝てず、後悔しての繰り返しです
女性特有のPMS症状なども絡んできて、仏教を勉強している身なのに、といつも落ち込みます。
哲夫さんやお坊さんなど、怒りやイライラの煩悩にはどのように打ち勝っているのでしょうか?
子育て世代の人たちに、何か気持ちが楽になる仏教の考え方などあるでしょうか?
教えていただけたら嬉しいです。

【ラジオネーム】 東京都の29歳、女性、「メメ」さん
私には遠距離恋愛をしている彼氏がいましたが、先日別れることになりました。
相手からなかなか返事がこないことに不満が募り、
日々の応援とともにその不満をポロッと伝えたことが引き金になったようです。
黙って応援できない自分の器の小ささが情けない一方で、
前向きに相談する機会を設けてくれなかった彼への不満もあります。
こういう時、仏教ではどのようにしていたらよかったのか、教えていただきたいです。

仏教は、人生をよりよく生きるための参考書!
ぜひヒントになれば嬉しいです。

ポッドキャストでは、本編ではカットした部分を含む完全版をお届けしています。
そちらも是非よろしくお願い致します。

ということで番組では皆さんからのメッセージをお待ちしています。
「勉強・仕事・恋愛・人間関係」なんでもOK。
「喜怒哀楽」のどれかにまつわるお話もお待ちしています。
ご紹介した方には、番組特製ファイルをプレゼント致します。

このサイトにある「リクエスト・メッセージはこちら」をクリック。
お待ちしています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.