この時間は、『SARAYA SDGs FLAP』。

「SDGs」とは・・・国連で話し合われた、
「人々や地球にとって、より良い世界をつくるため」の17の国際目標です。

このコーナーでは、「SDGs」の17の目標を紹介しながら、
関連する「最新ニュース」や「話題」を、皆さんと一緒に、考えていますが,
生物多様性、環境、ロハスなど
「エコにまつわる最新のニュース」も紹介しています。

「目標のために協力すること」

今週の「SDGsSolution」は・・・17番目の目標「目標のために協力すること」です

17の目標のうち、最後に据えられている「目標」は・・・
文字通りSDGsに関連する分野の問題について取り組んできた

組織や人と協力しましょう。というものです。
前回も、大阪商工会議所と、吉本新喜劇による「SDGsコラボイベント」を紹介しましたが、   これも「一つの協力」です。

今日、この後、登場する吉本新喜劇の「吉田裕さん」も、SDGsへの取り組みを行われます。

協力するのは、北海道の「下川町」です。
下川町は、北海道の北部にあって、人口は約3,300人の小さな町です。
町の面積のおよそ9割が森林のため、林業が盛んな街で、スキーのジャンプ競技も盛ん!!!
レジェンド=葛西紀明選手も下川町の出身です。

「下川町しもかわちょう」は、人口減少率が北海道内1位、
全国4位になる時期もあったほどですが、
SDGsを地域活性化、地方創生のツールとして取り入れ、
第1回「ジャパンSDGsアワード」総理大臣賞を受賞しました!

そんな「下川町」。
「吉田裕さん」と、どんな「協力」をするのでしょうか?
   

吉本興業の代名詞でもある「新喜劇」を、下川町民によって作り上げます。
セットや衣装づくりから公演までの一連の制作を、下川町民が行う!という、
これまでに例のない取り組みによって、笑いで町おこしを目指すとのこと。今回チャレンジするのは「しもかわ森喜劇」!!!!

吉本興業は、第1回「ジャパンSDGsアワード」で「SDGsパートナーシップ賞」を受賞しています。つまり「SDGs」を推進している組織や企業・人と協力することも立派に「SDGs」に参加・貢献しているって事です!いまの世代の人々が幸せに暮らすことを目指しつつ、未来の世代の暮らしのことも考えて「動く」これが「SDGs」です。

毎週火曜日のプレゼント

「ヤシノミ洗剤」と「ヤシノミ洗たく洗剤 濃縮タイプ」「ヤシノミ柔軟剤」をセットにした「ヤシノミ・ギフトBOX」3名様に!

“ECO

“ECO

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.