今週の特集!

先週に引き続き、今週も改めてハワイを特集!
今日はハワイの歴史に大きな影響を与えた人たちを紹介しながら
「ハワイの歴史」を振り返ります。

ハワイの最初の住民

さてみなさんは、サモア人やマオリ人という種族を聞いたことがありますか?
去年ラグビーワールドカップでも大活躍だったこともあり、
聞いたことがあるという人が多いかもしれません・・・
実はハワイの最初の住民は、
サモア人やマオリ人と同じ世界最強の人種と云われるポリネシア民族なんだそうです!

ポリネシア人がハワイに住み着いたのは、紀元前700年頃。
魚を主食とし、この頃から、
今もハワイでよく食べられるタロイモを栽培して食べていたそうです。

皆さんご存知のカメハメハ大王の、功績とは。

権力闘争が多く発生し、身分制度なども作られた頃、
はじめて統一王朝を建てたのが、皆さんご存知の「カメハメハ大王」!!

1782年にハワイ島の支配者となった後、1810年にハワイ島全域を完全統一。
そしてそれまでなかった島全域で統一された法律を制定しました!

カメハメハは、ハワイ八島を統一し、王国を創り上げたハワイ建国の祖に当たる人物です。
ハワイ語で「大きい」を意味する「ヌイ」をつけて、カメハメハ ヌイと称されます。

さらに、中国や欧米との貿易をさかんにした第一人者で、
ハワイの独自の習慣と宗教も守りながら、
欧米の思想・文化などを受け入れた人として、人気集めていたカメハメハ大王。
その功績と人気により、ハワイには3体の銅像が建てられたそうです!

左手には槍を持ち、手を伸ばした右手。
「戦いによって作られた平和を民に与える」という意味が込められているそうです。

名曲「アロハ・オエ」の作曲者は女王さま!

世襲制を5代、権力争いの末の王になったものの、
3代目で最後の女王となってしまった「リリウオカラニ女王」は、
あの名曲「アロハ・オエ」の作曲者!!
リリウオカラニ女王がいなければ、フラは違うような踊りになっていたかもしれません。

偉大なサーファー!デューク・カハモナク

銅像が建てられるほどの英雄は、カメハメハ大王以外にもまだまだいらっしゃいます!

まずは「デューク・カハモナク」です。
ハワイ出身の伝説的な水泳選手であり、偉大なサーファーでもあるこの方は、
『近代のサーフィンの父』と云われるほどの大大大英雄!
来年開催予定の東京オリンピックにも正式競技として採用されるので、
今後テレビなどの特集でも見かけることになるかも!
オリンピック水泳競技でも優勝したハワイアンの英雄を称え、
クヒオ・ビーチ前に建てられた銅像。両うでにはいつでもたくさんのレイがかけられています。

ハワイの人気を作り、世界に広めたのは、エルビス・プレスリー!

そして今のハワイの人気を作り、世界に広めたのはこの方!「エルビス・プレスリー」!

ハワイを舞台とした、エルビス・プレスリー主演映画でハワイが有名になり、
本格的にリゾート地化。今の形までになったとか!
世界中のテレビでも放映され話題になった、コンサート会場のホノルル・ダウンタウンにある、
ニール S. ブライズデル・センターの正面玄関近くには、
エルビスの等身大の銅像が飾られていて、
今ではエルビス巡礼には欠かせない観光地となっています!

さていかがだったでしょうか?
寄り道程度にでも歴史を辿っていただければ、ハワイをもっと楽しめると思いますので、
ぜひ、次にハワイに行かれる際は、豆知識なんかも調べてみてくださいね〜!

「H.I.S大阪駅前ハワイ支店」からのお知らせ〜〜♩

4月6日(月)から5月6日までの1ヶ月間、
H.I.S.大阪駅前ハワイ支店は、臨時休業することとなりました。

なお、今後もH.I.S.大阪駅前ハワイ支店の公式ホームページでは、
情報を更新していく予定ですので、随時ご確認ください!

『Aloha FLAP』のコーナー、来週もお楽しみに☆マハロ〜〜〜〜〜♫

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.