今週の特集!

皆さんおどってますか〜?
優雅でゆったりした動きのフラダンス。見ているだけでも気持ちが穏やかになりますよね〜!

ハワイの民族舞踊として知られているフラですが、
もともとは神に捧げる宗教的な儀式の中で、男性だけが踊っていたものだそう!
今は女性によって踊られ、華やかなショーのイメージもありますが、
昔は今とはイメージの違う神聖な踊りだったんですね〜

そして今、この「フラ」が、健康にもダイエットにも良い!!と注目されています。
ということで、最近動いてないな〜という方、必聴!
今日は、「踊れるようになるフラの基本ポイント」をご紹介します!

フラの基本ポイント

どんなにスポーツが得意でも、どんなダンスをしていても、独特のコツが必要なフラ。
フラは簡単な動きに見えて、姿勢やステップがきちんと決まっていて、
重心・手足の動かし方など全てをピッタリと当て嵌めた時、初めて踊れるようになれます。

1つ目は、フラは基本、中腰で踊るということ。
この姿勢を「アイハー」と言います。
スポーツなどで鍛えていないと、
すぐに膝や太腿が震えて力が入らなくなったりして、結構きつい態勢。
これがフラを始めた時、最初のハードルになります。

① 足の幅は、一足分あけて立つ。
② 腰に両手を当てて少し膝を曲げる。
③ 鏡で自分の立ち姿を見て、前屈みでもなく、お尻もぽっこり出ていなければOK!

これをずっと、ずっと、つづけます。

そのままの姿勢で2つ目のポイント!
2つ目は重心移動。
肩をぐらつかせないようにステップをふむには、
足に入れる力のレベルを一定に保つ事が大事!
この後、振付に追われてステップを安定させることを忘れてしまう人も多いですが、
一番大事なのは足です!頑張って!!!

3つ目は、腰の動き!
その場で腰に手をあてたまま、右、左、右、左、と、交替で膝を少しだけ曲げます。
膝の屈伸に合わせて腰を左右に振ってみましょう!
腰全体で、8の字を描くように動かすのがポイントです!

4つ目は、手足の動き。
ついつい力が入ってしまう日本人のフラ。
肘はきちんと伸ばさずに、少しだけたるませておきましょう。
ここで綺麗に見えるポイントが、手のひらや指はたるませないでおく事!

ここまでのポイントを実際に合わせていきましょう!

基本ステップの「カホロステップ」は、こんなかんじ!

① まず右足を、右に1歩。
② 出した右足に左足を寄せる。
③ また、右足を右に1歩出す。
④ 出した右足に、左足を寄せる。

こんどは逆向きです。

足の動きに合わせて腰をゆっくりと左右で、
シーソーのように動かすのがコツだそうですよ!

お手本をみないと分かりにくい!というあなたは、
ぜひいろんな動画がアップされているので、観ながら体験してみてくださいね!

「H.I.S大阪駅前ハワイ支店」からのお知らせ〜〜♩

H.I.S.大阪駅前ハワイ支店は、しばらくの間、臨時休業となります。

また、公式ホームページでは、随時情報が更新されていますので、
最新の情報は、H.I.S.大阪駅前ハワイ支店のホームページをご確認ください。

『Aloha FLAP』のコーナー、来週もお楽しみに☆ マハロ〜〜〜〜〜♫

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.