毎週・土曜日、夜8時半からは!

「FM大阪 こどもてらす〜To Zero for Children〜」!!

DJは大塚由美!

そしてNPO法人、日本こども支援協会 代表理事の岩朝しのぶです!

画像: 10月16日土曜日 こどもてらす〜To Zero for Children〜

この番組は、こどもたちはもちろん、お母さん、おとうさん、里親さん、

そのほか全てのみなさんの身近なテラスとなり、

また、こどもたちの今、そして未来を明るく照らす!プログラムです。

みなさんからのご意見、リクエストなどお待ちしています!

里親制度について、子育てで、親として、ご夫婦でのお悩みなどじゃんじゃんお寄せください!

ママであり、里親であり、人生のすいも甘いも噛み分けてきた2人がお答えします!!

FM大阪のホームページにありますこどもてらす」のリクエストフォームから

アクセスください。

毎回、あるテーマにスポットを照らしてお話しします「てらすトーク」

 10月16日の「てらすことば」は・・・里親アドボカシーです。

最近は「こどもアドボカシー」ということばも聞くことがありますが、

今回のご紹介する里親アドボカシーとは??

里親さんは、こどもの養育以外にも

多くの精神的・金銭的負担があります。

日本における「里親の権利」を向上させ、

より里親が養育に専念できる環境づくりを

目指していく。この権利を「里親アドボカシー」と言います。

そんな里親アドボカシーの具体的な現状、問題点など

トークしています。ぜひラジオでお楽しみください!

こどもてらすの radikoはこちら!

なお、前回 10月9日のてらすトークはこちら↓

- YouTube

youtu.be

全国各地の人気ラジオ番組が参加♪聴く!読む!参加する! 豪華トーク満載の音声コンテンツアプリ「AuDee(オーディー)」でもお聴きいただけます。

詳しくはこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.