きょう魔法のシャンプーをしてくれたのは“秋に聴きたいピアノ曲“。情感豊かなピアノを奏でるピアニストたちが演奏する「秋の風景」をお届けしました。

画像: 10月17日(日)「秋に聴きたいピアノ曲」をピックアップ♪

ON AIR LIST

1.Waltz For Debby /Bill Evans
名曲『ワルツ・フォー・デビー』、はジャズ・ピアニストのビル・エヴァンスが姪デビイのために書いた曲。初めてのリーダー作『ニュー・ジャズ・コンセプションズ』から始まり、生涯何度もレコーディングした彼の代表曲です。今回は、ビル・エヴァンスが27歳の時にレコーディングしたアルバムからお聴きください。

2.Struttin’ with Some Barbecue / Ellis Marsalis & Makoto Ozone
日本を代表するジャズピアニストのひとり、小曽根真が、ニューオリンズ音楽界の巨匠で教育者でもあるピアニスト エリス・マルサリスと組んで、、2012年に発表したデュオ・アルバム『ピュア・プレジャー・フォー・ザ・ピアノ』からから『ストラッティン・ウィズ・サム・バーベキュー』。
このデュオ・アルバムは、東日本大震災と、ハリケーン・カトリーナのチャリティのために
レコーディングした作品でした。

3.Mozart: Sonata in C, K. 545, Allegro/ Lang Lang
中国出身のピアニスト、ラン・ランのアルバム『ピアノ・ブック』からモーツァルトが初心者のために作曲したソナタのひとつ、『ピアノ・ソナタ第16番』。ピアノを習った方なら、きっと「あの曲か」と、ピアノのレッスンが蘇ってくるかと思います。“練習曲もこんなに素晴らしい曲だったのか”と発見があるお手本のような演奏です。

4.Chopin: 24 Preludes, Op. 28 - No. 15 in D Flat Major. Sostenuto "Raindrop" / Alice Sara Ott
アリス=紗良・オットがショパンの『24の前奏曲作品28』を演奏したアルバム『エコーズ・オブ・ライフ』から、ショパンがマヨルカ島で買い物に出た恋人を待っている時に降ってきた雨を見ながら作曲したと言われている、『雨だれ』をお届けしてました。このアルバムで、アリス=紗良・オットは、ショパンの前奏曲の合間合間に、7曲の現代作品を挟み込むという、新しい試みに挑戦しています。その背景にあるのは、クラシックをもっと若い人にも親しんでほしいという思いです。

5.Colors/Dance / George Winston
自然の風景が浮かんでくるような、イマジネイティヴな演奏で人気のジョージ・ウィンストン。秋をテーマにしたアルバム『オータム』からの楽曲で『カラーズ/ダンス』。目を閉じて聴いてみてください。きっとあなただけの秋の風景やドラマが浮かんでくると思います。

6. Girl Friends / chay

画像: ON AIR LIST

番組ではメッセージを募集しています。放送の感想など、みなさんの声をぜひ聴かせてください。メッセージを送ってくれた方の中からchayも愛用している「oggi ottoセラム(シャンプー)&セラムマスク(トリートメント)トライアルセット」をプレゼント!高濃度の美容液成分で髪のダメージケアをしながら洗える人気のセラムと、髪の保湿やつや、手触りを良くしてくれるセラムマスクのセットです!

oggiotto公式インスタ(@oggiotto)では、ライフスタイルに関する情報も多数更新中!チェックしてみてくださいね!

Beauty Information

番組では毎週、月替わりで人気サロンの美容師さんにヘアケアやトレンドについて教えてもらう「Beauty Information」をオンエアしています!

10月は、東京にある人気ヘアサロン「ベイストリートメント専門店(@base_treatment2)」店長・若梅祐介さんに担当して頂いています。

今回は、お客さまから多く寄せられる髪の悩みについて教えてもらいました。
「なかなか髪の毛が伸びない…」というお悩みを持つ方、radikoタイムフリーで是非聴いてみてください!

番組では公式インスタグラムや公式Twitterも更新しています!良かったらフォローお願いします。

♪ instagram ♪
@music_shampoo
♪ Twitter ♪
@Music_Shampoo

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.