韓国にまつわる話題やエンタメ、グルメ情報などなどをお届けしている「ファイブ・イー・ライフラップ」。

今週は、年末に授賞式が行われた『2021年 演技大賞受賞ドラマ』をご紹介しました。

KBS『紳士とお嬢さん(原題)』

https://www.kbsworld.ne.jp/program/detail?prSn=1375

チ・ヒョヌと、オーディションで500倍の競争率を勝ち抜いた新人女優イ・セヒが主演する週末ドラマ『紳士とお嬢さん(原題)』。
シングルファーザーで大手グループ会社会長の“紳士”と、厳しい生活ながらも明るく生きる “お嬢さん”によるラブコメ・ホームドラマです。

韓国では、昨年9月にスタートし、序盤から高視聴率を獲得。年末の放送では、自己最高視聴率となる35.7%を記録し大人気に!

「KBS演技大賞」では、チ・ヒョヌの大賞だけでなく、ヒロインのイ・セヒが新人女優賞、ヒロインのライバルを演じるパク・ハナが長編ドラマ女子優秀賞、そのほか、ベストカップル賞や作家賞を受賞し、7冠に輝きました。

全50話予定なので、韓国でも、まだまだ絶賛放送中! 
日本では、KBSワールドにて12月から日本初放送中です。

MBC『黒い太陽(原題)』

画像: 『黒い太陽』(原題)©2021MBC

『黒い太陽』(原題)©2021MBC

おととし、「ストーブリーグ」でSBSの演技大賞を受賞したナムグン・ミンが、今年はMBCで大賞を受賞! 『黒い太陽(原題)』は、一度死んだはずの男が、復讐のため巨大な悪に立ち向かうハードボイルド・アクション超大作です。

MBCの開局60周年を記念した肝いりの作品で、昨年9月~10月に放送。
全12話のミニシリーズながら、およそ14億円の総制作費も話題になりました。

ナムグン・ミンは役作りのため、肉体改造でムキムキに! 
記憶を失ったエリートスパイを熱演しました。

大賞のナムグン・ミンをはじめ、キム・ジウンが女性新人賞、チャン・ヨンナムがミニシリーズ部門の助演女優賞に輝くなど5冠を達成。

日本では、1月21日(金)からKNTVにて、日本初放送されますが、先行して、昨年12月にKNTVで第1話が無料放送され、手に汗握るハラハラの展開で、視聴者をクギづけにしました。

SBS『ペントハウス3』

画像: 『ペントハウス3』(原題)

『ペントハウス3』(原題)

2020年10月にスタートした『ペントハウス』は、超高級タワーマンション“ヘラパレス”を舞台に、不動産や教育戦争など ゆがんだ欲望が絡まり合うジェットコースタードラマ。

シーズン1の瞬間最高視聴率は31.1%を記録し、2020年のSBS演技大賞で9冠に輝くなど、社会現象となりました。
今年は、シーズン2・シーズン3が放送され、ついに完結!

大賞を受賞したキム・ソヨンのほか、主人公の子供たちを演じたハン・ジヒョン、チェ・イェビン、キム・ヨンデが新人演技賞に輝いたほか、キム・スノク脚本家が功労賞を受賞しました。

現在、シーズン1がWOWOWとWOWOWオンデマンドにて放送・配信中。
続いて1月26日(水)からは、シーズン2も放送予定です。
シーズン3は、CS「KNTV」にて、1月17日(月)より一挙放送されます。

シーズン1

シーズン2

シーズン3

今週のOA曲♪

画像: Kep1er 케플러 | ‘WA DA DA’ M/V youtu.be

Kep1er 케플러 | ‘WA DA DA’ M/V

youtu.be

ファイブ・イー・ライフ株式会社

心斎橋の大丸ホワイトアベニュー地下1階にあります「ファイブ・イー・ライフ」
高濃縮の高麗人参サプリメントや、韓国の無添加系の化粧品「J avec toi」シリーズなど1日数万個売れる品もある、テレビ通販でしか買えなかった人気のオリジナル商品を日本で唯一、直接、見て、買える場所となっています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.