今夜の「My Jam」は、ザ・ウィークエンドの注目!!
新作『ドーン・エフエム』が好調ですが、このアルバムを聴いて、
竹内美樹は、「ジングルが流れたりと、ラジオを聴いている感覚になる」けれど、
アーティスト自身が「死後の世界を想像して聴いてほしい」と言っていることを
意識して聴いていると、「体温を感じない音楽というか、全体に冷たい質感」を
感じると言います。
一方で、柴田玲は、以前から彼の音楽に「不安な気持ちを掻き立てられる」という
印象を持っていたと。さらに新しさと古さが交じり合っているというか、
これはいつの時代の音楽なんだろうかという印象を受けたと言います。

そして、ザ・ウィークエンドからつながるリンクですが、
NO.1は、アルバム『ドーン・エフエム』に収録されている
『A Tale By Quincy』で自身のことを語っているクインシー・ジョーンズです。
さまざまな影響を受けた彼のことを
ザ・ウィーウエンドは、メンターだと思っているそうです。

もうひとりは、同郷カナダ・トロント出身のドレイクです。
自身が大成功した後、彼は、後輩たちのサポートに尽力していて、
ザ・ウィーウエンドもブレイクする手助けをしてもらったそうです。

本日OAした楽曲

『PROMISE』竹内美樹
『Here We Go…Again feat. Tyler, The Creator』ザ・ウィークエンド
『Jazz Corner of The World』クインシー・ジョーンズ
『God's Plan』ドレイク

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.