「SDGs」とは、世界が抱える様々な課題を、

2030年までに解決するための17の国際目標のこと。

『SARAYA FLAP』では、「SDGsの17の目標」を紹介しながら、

関連する「最新ニュース」や「話題」を、皆さんと一緒に、考えています

毎週火曜日のプレゼント

サラヤさんからのプレゼントは・・・SDGsに貢献している商品

  1. 環境に配慮した「ヤシノミ洗剤」
  2. 健康に配慮した「ラカントS 顆粒」

③衛生に配慮した「アルソフト 携帯用 手指消毒ローション」

アルソフト専用ケース…をセットにした「サラヤ4点セット」を3名様に

「ペットボトルにはいったドリンク」どれくらい飲む?

さて、みなさんは「ペットボトルにはいったドリンク」

どのくらい消費していますか?

日本では、1秒にペットボトル740本が購入されていて、

年間、一人当たり183本のペットボトルを消費している…といわれています。

2017年のデータによれば、日本のペットボトルのリサイクル率は84.8%と、

世界的にも高い数値が出ています。

環境には優しくしたい。でも、ペットボトルを捨てる時の「ラベル剥がし」が面倒

なかなか剥がれなかったり、剥がれたと思ったら一部残っていたり…

そんな中、そもそもラベルがついていない「ラベルレスボトル」が続々登場しています。

サントリーの「天然水」や「伊右衛門」

アサヒなら「十六茶」や「ウイルキンソン」

コカコーラなら「コカコーラ」「いろはす」などなど

しかし、入手できるのは「箱買い製品のみ」でも店頭では見かけませんよね?

「食品表示法」に基づいて、「成分」や「素材識別マーク」などの

表示が義務づけられているから。ではなぜ箱買いならOKなのか。

それは、そうした表示をボトル(ラベル)に表示せずに、

箱にまとめて表示しているからOKなんです。

たとえば、『コカ・コーラ・新ラベルレスボトル』

リニューアルされて、さらに、サステナブルを追求しているのが特徴。

1本あたり約60%のCO2排出量を削減できる見込みで、

さらに、このボトルは「100%リサイクルPET素材」なので、

再生されて、わたしたちの元に戻ってきます。

(350ml100%リサイクルPET×24本・希望小売価格 税込2,021円・オンライン限定)安い!

画像1: 「ペットボトルにはいったドリンク」どれくらい飲む?

もう一つ、話題を呼んでいるのが…ポカリスエット

環境に配慮した「リターナブル瓶」になって登場。

7月12日から、イオンなどで販売が開始されて、SNSで注目を集めています。

こちらも、ラベルフリー仕様。

飲み終わった瓶は、イオンの店頭に設置された専用返却ボックスに返却。

回収された瓶は洗浄され、再び製品を充てんして販売されます。

画像2: 「ペットボトルにはいったドリンク」どれくらい飲む?

さわやかなポカリスエットのイメージにマッチした水色の瓶

SNSには「かわいすぎて取っておきたい」「飲み終わったら花瓶にしたい」「インテリアとして飾りたい」など

口コミが殺到。…環境のためには必ず返却してください

関西では、京都府の8つのイオンで購入出来ます。(いまのところ大阪では入手不可)

(イオン京都西店/イオン久御山店/イオン洛南店/イオンスタイル京都五条/イオン福知山店/

イオンスタイル京都桂川/イオン高の原店/イオン亀岡店)

買い物ついでにエコバッグに飲み終わったリターナル瓶を持参…

回収ボックスに入れて新しいポカリを買って帰る。

リターナブル瓶が多くの人に浸透すれば、地球環境を守ることにもつながります。

“ECO

“ECO

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.