毎週・水曜、午後2時半頃からは『阪神高速maruごとハイウェイ!』

 このコーナーは、ドライブにオススメのスポットイベントグルメはもちろん、

そんなスポットにアクセスできる阪神高速

最新トピックスもご紹介しながら

週末ドライブにぴったりの話題をまるっ!と、ご紹介します!!

10月26日は今日は

「阪神高速道路、大阪管理部、営業指導課の松本航太(まつもとこうた)さん」をスタジオにお迎え!

画像1: 10月26日水曜日 阪神高速maruごとハイウェイ!

「松本さん」は、阪神高速歴は1年目というフレッシュな松本さん!

学生時代には野球部に所属!まだ大学を卒業して半年程度ですが、すっかり体は

なまってしまっているので、筋トレに励みだしたところ!ということ。

そんな「松本さん」は、普段、お客さまに安全・安心・快適に阪神高速をご利用いただけるよう、

料金所で収受しているスタッフの言葉遣い・立ち振る舞いなどの指導や

「どのレーンをETC専用にするか」といった料金所関連の仕事をされています。

料金所が阪神高速をご利用いただくお客さまにとって最初の窓口であることを強く意識されているそうです。

そんな「松本さん」に紹介いただく話題は、

阪神高速の料金所ETC

ご通行される際の注意事項とご協力のお願いです。

阪神高速をご利用いただく際に、「ETCカードを車載器に挿し忘れていた」、

「車載器からエラー音が聞こえた」、「料金所レーンで停車表示が出た」などの理由で、

料金所を過ぎたあたりで停車されるお客さまがいらっしゃいます。

料金所付近で、「長時間、停車すること」や「バックすること」は、

後から料金所に入ってくる車と事故になる可能性があり、大変危険です!

中には、車から降りて、料金所スタッフのところまで行こうとされるお客さまもいらっしゃいます。

多くの方が料金所を通過する時、「料金所で人が歩いている」とは思っていらっしゃいませんので、

大変危険です。絶対におやめください。

また、料金所を過ぎたあたりで停車されている場合でも、事故防止のため、

料金所スタッフがお客さまのところまでいけない場合がありますので、ご理解ください。

そんな、ETC通行がうまく出来ず、料金所を通過してしまった場合でも、

料金所付近で停車せず、一旦、目的地まで行っていただいて大丈夫です。

そして、安全な場所から「阪神高速お客さまセンター」までご連絡をお願いします。

そこでお支払いの方法をご案内します。また、「ETCカード」でお支払いいただく場合は、

「ウェブ」でも受け付けています。詳しくは「阪神高速 ウェブ課金」で検索してください。

ETCカードの挿し忘れなどで上手く通行できない時って、

「ちゃんと料金を支払わないと」と思ってつい停車したくなりますが、

かえって危険です。

後ほど精算できる方法があることを知っているだけで、運転にも余裕がでますよね!!

もし忘れたとしても、焦らず、まずは目的地まで行って、

そこから「阪神高速お客さまセンター」へご連絡ください!

ウェブでも受け付けていますので、その場合は「阪神高速 ウェブ課金」で検索ください!

ドライバーのみなさんも安全・安心・快適に阪神高速をご利用いただくため、

ご協力よろしくお願いします。

「阪神高速maruごと ハイウェイ」では、

リスナーの皆さんからのドライブソングのリクエストを募集しています。

「赤maru」のリクエストフォームからエントリーしてください。

採用された方には、ドライブにも便利な、

赤maruオリジナル QUOカードをプレゼントします!

たくさんのリクエスト&メッセージお待ちしています!!

画像2: 10月26日水曜日 阪神高速maruごとハイウェイ!
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.