先週からスタートしました新コーナー「ファイブ・イー・ライフラップ」。
このコーナーでは、韓国にまつわる話題や情報、エンタメ、グルメなどなど、
最新のK-POPサウンドとともにお届けしていきます!

第2回目の今週は、寒い冬にぴったりの韓国の“鍋料理”をピックアップ!

韓国でも、「キムチチゲ」や「サムゲタン」など、さまざまな鍋料理が食べられていますが、名前に入っている“チゲ”や“タン”というのは、鍋やスープのことなんです。

韓国では「トゥッペギ」という 1人前の土鍋で提供されて食べるものが多いですが、日本と同じように、大きな鍋から取り分けて食べる鍋料理もありますよ。

「今年は、おうちで鍋料理を楽しみたい」という方が多いと思いますので、今週は、おうちで再現しやすい、韓国の鍋料理をご紹介しました。

プデチゲ

まずは、数あるチゲの中でも、若者に人気の「プデチゲ」。

“プデ” とは “部隊” のことで、朝鮮戦争以降、米軍から流れてきたスパムやソーセージなどを キムチチゲに入れたのが始まりとされています。

キムチや野菜、トックといわれる韓国のお餅や、チーズなど、好きなものを入れるのが現在のスタイルで、インスタントラーメンを入れるのが定番。

ボリューム満点でお手頃価格、そして少しジャンクな味が、長年、若者から愛される理由です。

おうちで作る場合は、市販されている、キムチチゲの素などを使ってもOK。

オススメの麺、「サリ麺」や「辛ラーメン」、トックという韓国のお餅は、輸入食材を扱うお店のほか、スーパーでもよく販売されていますよ~。

あとは、キムチとお好みの野菜、厚めのハムやソーセージがあれば、プデチゲ風に。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

タッカンマリ

もう一つは、“鶏一羽”という意味の名前をもつ「タッカンマリ」!

名前の通り、まるまる一羽の鶏を、大きな鍋でグツグツと煮込んだ鍋料理です。
福岡の“水炊き”に似ていて、作り方もシンプル。

おうちで楽しむ場合、鶏モモ肉や、手羽中、手羽元などで代用できます。
スープが重要なので、骨付きのお肉がベストですよ。

水に酒や塩を加え、ぶつ切りにしたお肉を、ニンニク や しょうが、長ネギの青い部分と一緒に、煮込みます。

本格的に味わうなら、“タテギ”という合わせ調味料に、からしや酢、醤油などを加えて、食べるのがオススメ。
タテギは、「コチュカル」という唐辛子の粉に 醤油や砂糖、ニンニクなどを合わせたもので、タッカンマリのタレ以外にも、チゲや炒め物など、何にでも使える万能調味料です。

これからの季節、恋しくなる鍋料理。
今年はぜひ、韓国の鍋料理にもチャレンジしてみてくださいね~。

ファイブ・イー・ライフ株式会社

心斎橋の大丸ホワイトアベニュー地下1階にあります「ファイブ・イー・ライフ」
高濃縮の高麗人参サプリメントや、韓国の無添加系の化粧品「J avec toi」シリーズなど1日数万個売れる品もある、テレビ通販でしか買えなかった人気のオリジナル商品を日本で唯一、直接、見て、買える場所となっています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.