via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

韓国にまつわる話題やエンタメ、グルメ情報などなどをお届けしている「ファイブ・イー・ライフラップ」。

今週は、「心斎橋ネオン食堂街」がオープンし、ますます注目度がアップしている「心斎橋パルコ」から注目の韓国グルメ3店をご紹介しました!

B2「韓国酒場 K-LOVERS」

画像1: B2「韓国酒場 K-LOVERS」

「心斎橋ネオン食堂街」にある「韓国酒場 K-LOVERS」は、“エンタメ”ד食”を融合融合させ、デジタルサイネージやプロジェクションマッピングを活かした非日常空間で本格韓国料理と韓国焼酎、マッコリなど種類豊富なお酒が楽しめます。

韓国の最新トレンドを取り入れながら、韓国人シェフによる本格的な料理を提供。
「チーズパネトッポッキ」(2人前/税込1,780円)や、「クロップル・チキン」(税込1550円)など、バラエティ豊かなラインナップが魅力です。

画像2: B2「韓国酒場 K-LOVERS」

芸能事務所がプロデュースしているので所属アイドルや練習生などが、ホールスタッフとして勤務する日も。
アイドルの接客を堪能できるのも、「韓国酒場 K-LOVERS」ならではです。

B2「Honmani Chicken」

画像1: B2「Honmani Chicken」

「心斎橋ネオン食堂」のフロアにある「Honmani Chicken」。
看板メニューは、なかなか韓国へ行けない今、本場の味を楽しんでもらおうと、直接、韓国から調味料を仕入れ、味付けに工夫したチキンメニューが自慢です。

画像2: B2「Honmani Chicken」

定番のフライドチキン、ヤンニョムチキンをはじめ、ニンニクチキン、ハニー醤油チキン、プルタックチキンを用意。
すべて、3ピース/税込700円というお手軽さも嬉しいですよね。
鍋料理や、一品料理も充実しています。

白とピンクを基調としたダイナー風の店内は、時間帯によってライトの色が変わり、昼と夜で違った雰囲気に。
100インチのモニターではK-POPのミュージックビデオも楽しめます。

B1「MACA PRESSO」

画像1: B1「MACA PRESSO」

地下1階で気軽に立ち寄れる「ヨリミチデリ」にある「マカプレッソ」は、“マカロン”と“エスプレッソ”を掛け合わせた合成語。
東京の新大久保や、大阪の鶴橋などにも店舗を構え、クリームたっぷりの韓国式マカロン「トゥンカロン」(=太っちょマカロン)のパイオニアとして知られるお店です。

トゥンカロンにたっぷりサンドされたバタークリームの量は、普通のマカロンと比べ、2~3倍ものボリューム!
より美味しく、そしてカラフルかつ華やかなビジュアルで人気となっています。

心斎橋パルコの「マカプレッソ」で人気のトゥンカロンは、オレオ、ソルティーキャラメル、べリーベリー、デジバーの4種類。

画像2: B1「MACA PRESSO」

なかでも韓国で有名なアイスクリームをモチーフにした「デジバー」(税込380円)は、イチゴのジャムが入った、たっぷりのバタークリームをサクサクのチョコクランチでコーティング。
甘いチョコとイチゴのハーモニーを堪能できる一品です。

マカロンメニューは、全部で12種類。
そのほか、マカロンをトッピングしたドリンクも人気です。
店内にはカフェスペースも併設されていますし、もちろん、テイクアウトもOKですよ。

ファイブ・イー・ライフ株式会社

心斎橋の大丸ホワイトアベニュー地下1階にあります「ファイブ・イー・ライフ」
高濃縮の高麗人参サプリメントや、韓国の無添加系の化粧品「J avec toi」シリーズなど1日数万個売れる品もある、テレビ通販でしか買えなかった人気のオリジナル商品を日本で唯一、直接、見て、買える場所となっています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.