画像1: 第23番札所「応頂山 勝尾寺」をご紹介しました

727年に善仲・善算という双子の兄弟が草庵を結んだのがはじまりと伝わる「勝尾寺」さん。ご本尊の十一面千手観世音菩薩像は、秘仏で毎月18日に開帳されています。780年に、希代の名工といわれる妙観が1カ月間をかけて、白檀の香木に身丈八尺の「十一面千手観世音菩薩像」を掘ったそうです。

創建当初の名前は「弥勒寺」でしたが、第6代座主・行巡上人が清和天皇の病気を祈願で直し、朝廷から「王に勝った寺」という意味で「勝尾寺」の名前を賜りました。寺側が畏れ多いと「王」の字を「尾」とし「勝尾寺」になりました。

源氏、足利氏、豊臣氏など、時代の覇者が戦の勝利を祈願して足を運んだお寺とされ、試験や病気、選挙、スポーツなど、あらゆるジャンルの「勝ち」運を求めて、たくさんの参拝者が訪れています。

紅葉の名所としても知られており、秋の特別ライトアップでは、とても幻想的な雰囲気が楽しめます。11月中の土・日・祝日、日没~夜7時半まで開催中。

※なお、夜は公共の交通機関がありませんとお伝えしましたが、今年はタクシー&阪急バスの優先ルートが設けられています。詳しくは、下記WEBサイトをご覧ください。

十一面千手観世音菩薩のご真言:おん ばざら たらま きりく

今週も、首からかける空気清浄機、カルテック「MY AIR」のプレゼントがあります! 

画像2: 第23番札所「応頂山 勝尾寺」をご紹介しました

応募締め切りは11月30日(火)まで。色は選べません。
下記、リクエストフォームから「MY AIR希望」と入力してご応募ください。
当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.