画像: 第5番札所「紫雲山 葛井寺」をご紹介しました

今週は、大阪府藤井寺市にある第5番札所「紫雲山葛井寺」をご紹介しました。

7世紀後半に、百済王族の子孫にあたる葛井氏の氏寺として創建されたと伝わっています。その後、聖武天皇の勅願により大伽藍が整備され、春日仏師親子が本尊・十一面千手千眼観世音菩薩を造立、725年に行基が本尊の開眼法要を務めたといわれています。

ご本尊は十一面千手千眼観世音菩薩。通常、千手観音の手は42本ですが、宝鉢や宝輪、数珠など持物をもつ「大手」40本に加えて、孔雀のように広がる「小手」が1,001本あり、掌にはそれぞれ眼が描かれています。実際に千手あるのは、たいへん珍しく、国宝に指定されています。毎月18日と8月9日の千日まいりの日に開帳されています。

十一面千手千眼観世音菩薩のご真言 『おん ばざら たらま きりく』

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.