画像: 第15番「新那智山 今熊野観音寺」をご紹介しました

824年~834年ごろ、弘法大師(空海)が唐から帰国してほどなく、東山の山中で白髪の翁に出会い、一寸八分の十一面観音像と宝印を託されたそうです。弘法大師は、その翁のお告げのとおり一堂を建て、自ら一尺八寸の十一面観音像を刻んで、胎内に小さな観音像を納めて本尊として奉安されたそうです。

現在の本堂は、1712年に宗恕祖元律師によって建立されたもの。「頭の観音さん」として信仰を集めるご本尊は秘仏で、毎年9月21日~23日にご開帳されています。ご本尊の脇には、智証大師円珍作と伝わる不動明王と、運慶作と伝えられる毘沙門天が祀られるほか、大聖歓喜天(聖天)、薬師如来、准胝観音、三面大黒天などが祀られています。

番組でもお話していましたが、今熊野観音寺さんのモノクロでおしゃれなInstagramも必見ですよー。

十一面観世音菩薩のご真言『おん まかきゃろにきゃ そわか』

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.