ついに今年最後の放送です。
今回は「年末年始のイベント」についてご紹介しました。
初日の出を拝むのにおすすめの札所は、除夜の鐘をつける札所として先週紹介した「善峯寺」。
通常の開門は8時からですが、元旦は6時30分から。
釈迦堂・薬師堂周辺から、京都の東山連峰に昇る初日の出が見事です。
2005年12月公開のハリウッド映画『SAYURI』に登場した日の出シーンは、ここ善峯寺から撮影したそうですよ。
   
また、和歌山にある第二番札所「金剛宝寺」もおすすめ。
参拝者泣かせの石段「結縁坂」の全231段を上りきると、背後に絶景が広がっています。
毎年、新春大祈祷が盛大に行われるので多くの参拝者で賑わっています。
初詣スポットとしてご紹介したのは滋賀県にある第十三番札所「石山寺」。
大みそかの深夜12時、つまり元旦の午前0時に門が開き、午前2時から除夜の鐘がはじまります。鐘がつけるのは先着108名まで。午前4時からは法要がはじまります。
大みそかではなく、新年になってからつく除夜の鐘も風情がありますね。
姫路にある第二十七番札所「圓教寺」は、元旦昼の2時まで、毎年恒例の『新春祈願護摩供』が摩尼殿内不動尊前で行われています。
書寫山の山上にあるので、書写山ロープウェイの山上駅で下車、参道沿いを15分ほど歩いてくださいね。祈願料は一体5000円です。
新年からはまた西国三十三所の札所をご紹介していきます。
みなさま、良いお年を!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.